布マスク全世帯2枚配布はどうやって配られる?受け取り拒否の方法は?


 

4月1日(水)安倍総理は布マスクを全世帯に2枚配布を発表されました!

日にちが日にちだけに、【エイプリルフールだよね~♪】

とネットが騒然となり今もザワついています。

 

そのザワつきの内容は、笑い声あり、落胆の声あり、

怒りも、涙もある様に聞こえます。

 

「ありがたく頂こう」と言う声はどうしても少数派の様にしか思えません。

最も大きな声は「かける経費・労力が無駄じゃないか」という声の様です。

そこで今回は『布マスク全世帯2枚配布はどうやって配られる?受け取り拒否の方法は?』

というタイトルでマスク受け取りの方法と、受け取らない方法の両方を考えてみたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

布マスク2枚はどうやって配られる?

 

安倍総理のお話では再来週以降、つまり4月13日(月)以降

感染者数の多い都道府県から順次開始するとの事。

高齢者施設、障碍者施設、小中学校にも必要な枚数を配るそうです。

 

一世帯当たり、布マスク2枚という事ですが、全国5000万を超える世帯に

どの様にして配るのでしょうか?

 

応えは簡単で、日本郵政の郵便屋さんに配って頂くそうです。

先に、緊急事態宣言をした北海道にも郵便屋さんが配られたそうですね。

 

郵便屋さんであれば日常業務ですし、さすが安倍総理考える事が違いますね!

予算的にも、布マスク2枚は軽いので84円切手で大丈夫でしょうから

84円×5000万世帯として42億5千万円もの費用・労力をかけて下さるのですよね。(マスク代別)

布マスク2枚の受け取り拒否の方法は?

 

しかし、前述の様に世の中には「お手数がかかって勿体ないから」と言われる方から、

「布マスク2枚なんてご辞退します」とおっしゃる方まで色々な方がおられます。

 

ではそのような場合、受け取り拒否はできるのでしょうか?

さすがに、総理ご自身には畏れ多くて聞けませんので、

菅官房長官あたりに確認出来ればと思うのですが、どうなのでしょうか。

 

受け取り拒否の具体的な方法としては、

郵便受けに「マスク不要」の貼り紙をする手もありますが、

それでは郵便屋さんが可哀想というか、結局無駄な労力をかける事になりますよね~。

 

なのでやはりお手数ですが、エリア担当の郵便局に事前に電話するしかない様ですね。

余計なことかもしれませんが、全世帯の半数の世帯が辞退するだけで、

約20億円という資金を生み出す事が出来ます。

これを本当に困ってる方に届けるというのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

 

ネットの反応

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『布マスク全世帯2枚配布はどうやって配られる?受け取り拒否の方法は?』

というタイトルでマスク受け取りの方法と、受け取らない方法の両方を考えてみました。

 

少し皮肉な内容だったかもですが、実際のネットの反応を反映していると思います。

もし、お気を悪くされた方がいらっしゃいましたらお詫びいたします。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク