コンテイジョンはコロナ感染爆発予言映画?外出自粛の在宅中に観るべき1本!


 

新型コロナウィルス感染拡大に伴う外出自粛要請で、

ストレスを抱える日々が続きますね。

ともすれば緩みがちな気を引き締めてくれる様な

「コンテイジョン」contagion(伝染)というアメリカ映画があります。

今回は『コンテイジョンはコロナ感染爆発予言映画?外出自粛の在宅中に観るべき1本!』

というタイトルで、まるで現在の世界を予見したような超リアルな映画をご紹介します。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

コンテイジョンという映画

 

アジアのある都市の小動物を発生源としてウィルスが感染拡大していく様子を

克明に追ってゆくスリラー映画。

その様子は今の新型コロナウィルス禍そのものだと騒がれています。

 

人と人との接点を通じて目に見えない恐怖が伝染していく様を

マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウといった

豪華キャストが描き出す超一流のパニック・ホラー・エンターテインメント!

 

映画自体はあまり有名ではない様ですが、

この映画の特徴は世界の各都市各地域で感染者数が増えていく様子を

時間の経過とともに淡々と描く手法で

映画というよりドキュメンタリーに近い感じで

観る者の心をグイグイ引き込んでいきます。

 

冴えた画面の美しい映像が映し出すのは家族の悲劇であり、人類の苦悩で、

最近のNYハート島で行われた集団埋葬などのニュースとイメージが重なり、

観直してみると現実と映画の境界線が無くなってしまう気がします。

 

この映画には、過剰な脚色があるにせよ、

それを差し引いても余りある恐怖で私たちに警鐘を鳴らすものが在ります。

 

映画を観た後は3回の外出はきっと1回に控えたくなるでしょう。

今、全ての人々が見るべき映画ではないでしょうか?

ソダ―バーグ監督のプロフィール

contagion

名前:スティーブン・ソダーバーグ(Steven Andrew Soderbergh)

生年月日:1963年1月14日(57歳)

出生地:アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ

国籍:アメリカ合衆国

職業:映画監督、脚本家、プロデューサー

活動期間:1981年~

主な作品:『セックスと嘘とビデオテープ』
『エリン・ブロコビッチ』
『トラフィック』
『オーシャンズ』シリーズ
『チェ』
『恋するリベラーチェ』

高校生の頃から16㎜の映画を撮り始める。

ルイジアナ州立大学付属実験校では15歳で大学の映画クラスに出席。

1989年、初めての長編映画『セックスと嘘とビデオテープ』で

サンダンス映画祭観客賞とカンヌ国際映画祭パルム・ドールを史上最年少(26歳)で受賞。

2000年、『トラフィック』でアカデミー監督賞受賞。

子供の頃日本のホラー映画『マタンゴ』を観てショックを受け

30歳までキノコを食べる事が出来なかったとか(笑)

スポンサーリンク

 

テーマが似ている映画

アウトブレイク

outbreak

感染列島

outbreak2

復活の日

outbreak3

 

コンテイジョン・アウトブレイク・感染列島・復活の日が

31日間無料!

 

 

ネットの反応

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『コンテイジョンはコロナ感染爆発予言映画?外出自粛の在宅中に観るべき1本!』

というタイトルで、まるで現在の世界を予見したような超リアルな映画をご紹介しました。

 

10年程前の映画で予測できた脅威に今、人類は晒されているわけで、

そう考えると今後の脅威も含めて、

私達人類の脆さや非力を感じずにはいられません。

 

何もない平凡な日々は奇跡の宝物だったのですね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク