進研ゼミCMの橋本環奈の弟役は誰?浅川大治君のプロフィールと出演作品!


最近の進研ゼミのCMっていろんなバージョンがあって楽しいですよね。

その中でも橋本環奈がお姉さん役で「中学たのしめよ」っていうアレ。

いままでろくに勉強しなかった弟が机に噛り付いてるのを見てエールを送るシーン。

弟役が気になってる人も多いみたいなので今回調べてみました!

ズバリ!橋本環奈の弟役は浅川大治君でしたー。

この記事では浅川君のプロフィールや出演作品についてご紹介していきます。

最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

進研ゼミCMが楽しそう

今まで出川哲郎が出たり、他のイケメンが出たりで(笑)結構楽し気なCMシリーズのなかで、

今回の橋本環奈の『姉の証言』は、何やら普段勉強しない弟が嬉々として机に向かっています。

橋本環奈はその後姿を見て「あの弟が勉強してる♪もう中学生だもんね~」みたいな感じですが、

弟君の名前は浅川大治(あさかわだいじ)。

タブレットを使って小学校のまとめをやってるみたいですが、

その様子はまるでゲーム!

日々、遊びやスポーツに熱中して勉強そっちのけでも、

進研ゼミに参加すれば楽勝で小学校のまとめが出来ますよーっと、とても楽しそうですね。

 

橋本環奈の証言

橋本環奈(はしもとかんな)は福岡出身のアイドル・女優

1999年2月3日生まれ、20歳。

このCMでのテーマ『姉の証言』の意味は、

”今までにない勉強に取り組んでいる弟の姿を見てしまいました”

というものでしょうが、実際に橋本環奈は小学生時代に進研ゼミを受講していて、

「小学生の時に受講してました。土日は習い事もあって、お仕事も小3くらいからさせて頂いてるので

勉強の時間が取れなくてどうしようか考えている時に、ポストに進研ゼミのチラシが入っていて

これやってみようと思って親に言って入れてもらいました」というリアルな証言。

「1ページ1ページちゃんとやってたと思います。凄い分りやすくて、最後についてる

漫画が楽しみでした」と可愛い証言も。

「今の時代は小学生でもスマホやタブレットは平気で扱えますから、

ゲーム感覚で楽しんで勉強できることが一番の魅力だと思います。

私もタブレットがあったらそれで勉強したかったな~」

20歳の橋本環奈の話からしても、時代の変化が見えますね。

「兄には勉強の宿題が終わるまで遊びに行ってはだめだとか、

教えてもらうというよりも自分で解きなさいと言われてました」

このCMメイキングのときにはこの様なエピソードも浮かんだようですね。

橋本環奈の弟役は誰?

さて本題の橋本環奈の弟役ですが、

浅川大治(あさかわだいじ)はテアトルアカデミー所属の子役俳優

2008年6月24日生まれ、11歳。

このCMでは丁度リアルタイムの中学入学前の小学六年生を演じてますね。

いかにも現代の小6イメージで、勉強姿も調子よくノリノリの感じが出ています。

「こんな風にタブレットで楽しく勉強が進むならちょっとやってみたい」

そう思ってしまいますね。

親の世代としては小学生時代は紙と鉛筆の時代でしたから、

「ゲーム感覚で勉強してくれるなら・・・」とよく分からない世界に期待してしまいそうです。

まあ、そこもこのCMの狙いなのでしょうが、この大治君どうやら只者ではなさそうです。

出演ドラマの『ミラーツインズ』では演技のうまさが評判になりましたね~。

以前から演技力には定評のある大治君このドラマではなんと二人の人物の幼少期を演じてました。

この年齢で一人二役をこなすとは本当に驚きですよね。

スポンサーリンク

 

浅川大治君のプロフィール

将来が大きく期待される浅川大治君のプロフィールについてもう少し詳しく触れておきます。

現在身長144㎝の大治君の趣味はアメリカンフットボール!

いや~ 趣味もかっこいいですよねー。

小学生で趣味がアメフトなんてあまりいないのではないでしょうか?

daiji asakawa americanfootball

 

浅川大治君の出演作品

本格的な芸能活動開始は2016年からと言えば、まだわずか3年の間に

浅川大治の出演作品はCMではマクドナルド・ジャストシステム・進研ゼミ・・・

ドラマでは、前述の『ミラーツインズ』の他、昨年のNHK大河ドラマ『西郷どん』にも出演!

西郷が流された島の島民の子供という役柄で、元気はハツラツなかなかの演技でしたね。

 

ネットの反応

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は『進研ゼミCMの橋本環奈の弟役は誰?浅川大治君のプロフィールと出演作品!』

というタイトルで、期待の新星浅川大治君についてのご紹介でした。

きっと数年後にはまた身長も伸びて、役者としても多くのものを吸収して、

大成されていることでしょうね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク