前澤友作氏のお金贈りの衝撃!宇宙から全世界にネタバレは是か非か?

   

 

ZOZOの前澤社長は数少ない夢を実現して見せる人のひとりでしょう。

しかしお金贈りに伴う発言に疑問を感じた人は無かったのでしょうか?

今回は、『前澤友作氏のお金贈りの衝撃!宇宙から全世界にネタバレは是か非か?』

というタイトルで氏のお金贈りに伴う発言についてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

 

スポンサーリンク

 

前澤友作氏のニュース

 

 

国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している衣料品大手ZOZO(ゾゾ)創業者、

前澤友作氏(46)が18日、自身のYouTubeチャンネルを更新。

「宇宙から全員にお金贈り」をすると発表した。

「皆さん全員に、外れなしです!お金贈りをします!」とし、

応募した人全員に漏れなくお金を配ることを告知した。

12月19日午後6時からスタート予定。

URLにアクセスし、金額が決まる抽選に参加。

その結果をもって金額が決まる。全員に当たるため、ハズレはなし。

電子マネーで贈られるという。

また、受け取ったお金は自分で使わずに困っている人にスライドして寄付することも可能。

「一世一代の決断でした。宇宙からお金贈りはたぶん誰もやったことがないと思う。

地球上の皆さんもお金贈りで盛り上がってほしいです」と締めくくった。

 

引用:スポニチSponichiAnnex 12月18日

 

スポンサーリンク

 

前澤友作氏は善行の人!

 

もとより寄付について、あるいは他人の為に大切なお金を贈る事は善行と言えるでしょう。

以前から前澤氏のお金贈りは話題でありましたが、賛否両論あれど、

氏の実現した『夢』の一部であれば他人がとやかく言う事でもないかなと思います。

それどころか「頑張れば夢は叶う」を証明した功労者とも言えるでしょう。

なので氏の善行については諸手を挙げて賛同したいところではありますが、

お話の中でひとつ気になる事が・・・

 

 

前澤氏は「お金贈り」をする理由を語った。

活動を始めて3年間で「総額30数億円を超えています。

理由は2つ。一つは僕みたいにお金に恵まれた、たまたまお金持ちになった人は

もっと社会に還元すべきだと思っています。

もっと貢献すべきだと思っていて、その最たる方法が寄付だと思っている。

なのでずっとお金贈りという名の寄付を続けてきた」とした。

さらに、なぜ個人に寄付をするのかということについて

「寄付の仕方は財団法人やNPOを通じてやることが多いが、個人を応援する方法を

おすすめしたい。

団体を通すと、最終的に困っている人に渡る金額が半額になるケースもある。

ダイレクトにお金を贈らせていただくと、中間マージンがほとんどかからない。

寄付額をそのままに近い状態で贈ることができる、

また、相手がどんなことをしたいかわかった上で贈ることができるんですね。

相手が見えることで満足度も高まる」と述べた。

そして「今後も継続して責務として寄付は続けます」とした。

 

引用:スポニチSponichiAnnex 12月18日

 

なんと【寄付にも中間マージンが伴い最終的に寄付金が半額にもなり得る】

という事は世間に広く知られている事なのでしょうか?

もしそうでないなら、前澤氏は寄付を促しているのか否か?

財団法人やNPOを通じる寄付を躊躇うことにならないでしょうか?

全く、揚げ足取りのつもりはありませんが、全体的あるいは長い目で見て、

前澤氏の発言でその様な寄付が減る可能性は無いのでしょうか?

宇宙からの壮大なネタバレにならなければ良いのですが・・・。

 

ネットの反応

 

sunnosuke | 4時間前
ダイレクトにお金を贈らせていただくと、中間マージンがほとんどかからない。寄付額をそのままに近い状態で贈ることができる
これが重要である。
国がやっている事は中間マージンで中抜きをしたいだけ。

 

hif***** | 4時間前
前澤氏の品格や人間性を知る術もないが
寄付という姿勢と中間マージンの話は思う受け止め
素直に称えたいと思う
貰えたら嬉しいけど
今自分はどん底と言うほどに困ってはいないので
本当に困ってる人や有意義なことに使える人が受け取って欲しいし
配れるシステムになれば良いのかと

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『前澤友作氏のお金贈りの衝撃!宇宙から全世界にネタバレは是か非か?』

というタイトルで氏のお金贈りに伴う発言についてお伝えしました。

 

ネットの反応では”寄付の目減り”に対する心配は無かった模様です。

所詮寄付に縁のない者の杞憂であれば良いと思います。

それよりも前澤氏の様な寄付出来る立場にならなきゃ・・ですね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。