神奈川県18歳以下10万円給付の時期と方法!各自治体の支給予定は?

   

 

一部の年内実施を目指す18歳以下への給付金についてNHK NEWS WEBから、

神奈川県内の18歳以下への10万円給付の支給予定が報道されました。

今回は『神奈川県18歳以下10万円給付の時期と方法!各自治体の支給予定は?』

というタイトルで、給付要領と各自治体の支給予定についてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

 

スポンサーリンク

 

18歳以下への10万円給付要領

 

国は児童手当の仕組みを使って年内に5万円を現金給付し、

年明けに残りの5万円をクーポン券で支給する方針でしたが、

このクーポン券支給方式には

① 給付に時間と手間がかかる

② クーポン券を使用する際、条件に合う店が限られる

という問題が有り、また事務費に967億円もの費用がかかる事から

多くの自治体が10万円の現金一括支給を切望している状況です。

ですので、18歳以下10万円給付については、

現金なのかクーポンも併用するのか、また現金も一括なのか二段階なのか

自治体によって様々な方法・方針が取られることになりました。

① 現金一括10万円

② 現金二段階10万円

③ 現金5万円+クーポン券5万円分

 

また児童手当に該当しない高校生などは別途申請が必要となり、

給付金支給は来月以降となる見通しとの事です。

 

スポンサーリンク

 

18歳以下10万円給付の方法!

 

NHKが神奈川県内の33の市町村を取材したところ、これまでに20の市と町で、

10万円の現金での一括給付の方針を決めるか、一括給付に向けて調整しています。

 

 

10万円現金一括給付方針

横浜市、川崎市、平塚市、茅ヶ崎市、三浦市、秦野市、大和市、海老名市、座間市、南足柄市、綾瀬市、葉山町、大磯町、二宮町、大井町、松田町、山北町、開成町、真鶴町、愛川町、

10万円現金二段階給付方針

相模原市、鎌倉市、藤沢市、小田原市、逗子市、厚木市、伊勢原市、寒川町、中井町、湯河原町、清川村

10万円現金給付方法調整中

箱根市

検討中

横須賀市

 

引用:NHK NEWS WEB 12月16日

 

ネットの反応

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『神奈川県18歳以下10万円給付の時期と方法!各自治体の支給予定は?』

というタイトルで、給付要領と各自治体の支給予定についてお伝えしました。

事務費の967億円に税金が消えるなんてとんでもない事だと思いますね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です