洗えるウィルスマスクの薬局の在庫や入荷情報!店舗で品切れの場合は?


マスク不足の為、洗えるマスクの需要が高まっています。

不織布のマスクを洗って使用するのも限度があり、

衛生的にも気になりますよね。

 

いっそ洗えるマスクであれば少々高くても、安心感があり、

普通のマスクよりも手に入り易そうです。

 

今回は『洗えるウィルスマスクの薬局の在庫や入荷情報!店舗で品切れの場合は?』

というタイトルで、洗えるウィルス対策マスクについて、薬局も含めて

在庫や入荷の情報を調べてみました。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

マスクは必要なのか不要なのか?

 

ウィルスはマスクの網の目を通過してしまうので、

あまり意味がないという意見もありますが、

 

飛沫は水分が多いのでそこに含まれるウィルスも一緒に

マスクの網の目で止まると思いますし、

同じく自分が咳きやくしゃみをした場合も、

ウィルスの飛散を妨げますので一定の効果はあると考えています。

 

またウィルスがついているかもしれない手で無意識に口や鼻を触る事も、

マスク着用で防ぐことが出来ます。

 

ただ、マスクで口だけを覆って鼻を出す間違った着用法をしている人もいます。

鼻や口を覆っても、目の粘膜からも飛沫が入る可能性があります。

その為、WHO(世界保健機閑)は「マスクは万能ではない」という

言い方をしているわけです。

 

名古屋市衛生研究所微生物部部長:柴田伸一郎氏

出典:週刊ポスト

 

「ウィルスのサイズが小さいのでマスクをしても意味がない。」

といった報道も一時期あったようですが、

上記週刊ポスト記事の内容からもやはりマスクは必要な様ですね。

どうしても普通のマスクが手に入らない場合は経済的な『洗えるマスク』も

いい選択ではないでしょうか。

 

洗えるマスクとは?

 

洗えるマスクとは文字通り洗って何度も使えるえるものなのですが、

素材はウレタン、布、トリコット、色々あります。

 

現在多く販売されているのはウレタン製のもので、

何度も洗って使えるという事の他に、コロナウィルス対策、花粉症対策

インフルエンザ対策はもちろん、顔にフィットする、耳が痛くならない

通気性が良い、ファッショナブル、抗菌、防臭etcという特徴が挙げられます。

 

カラーも白、黒、グレイ、ピンクなど揃っていて

サイズも大人から子供用まで選ぶことが出来ます。

 

マスク不足が一番の問題ではありますが、

何度も洗って繰り返し使えるならば、経済的ですし、

使用済み使い捨てマスクの衛生管理を考えれば

この洗えるマスクの人気急上昇ぶりは納得できます。

スポンサーリンク

 

薬局の在庫や入荷情報!

 

洗えるマスクも普通のマスク同様に、スーパー、コンビニ、ドラッグストアで

品薄・品切れ状態ですが、小さな薬局などで在庫している場合があります。

意外と狙い目なのかも知れませんね。

あと、マツキヨは割合入荷していたり、ドンキでは時間を決めずに小出し販売していたり

する様です。

パチンコ屋さんで景品としてgetした話も聞きますが、

人が多く集まる場所なのでこちらはあまりお勧めできません。

 

店舗で品切れの場合は?

 

使い捨ての不織布マスク同様に、洗えるマスクも

実際の店舗では品薄・品切れ状態が起きています。

 

通販店であればまだ現時点では余裕がある様ですが、

一部予約制で即配送とはいかない場合もある様ですね。

 

それでも大手通販店の楽天・Amazonであれば、

品数や在庫の豊富さ(3月15日時点)に安心感があります。

 

新型コロナウィルス感染拡大の収束の見通しが立たない現状です。

今後は注文が殺到し不織布マスクと同じ状況になり、

配送時間が長くかかる可能性が出てきますので

早めの購入がおすすめです。

 

楽天


 

Amazon


ネットの反応

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『洗えるウィルスマスクの薬局の在庫や入荷情報!店舗で品切れの場合は?』

というタイトルで、洗えるウィルス対策マスクについて、薬局も含めて

在庫や入荷の情報をお伝えしました。

 

外国の状況を見ると日本の新型コロナ対策は頑張っている方かも知れません。

私たちひとりひとりが感染・拡散者にならない様に気を引き締めなければと思います。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク