N予備校の無料授業の受講期間はいつまで?【コロナ休校支援学習】


 

学研、ベネッセ、Z会とコロナ休校支援が充実する中で、

異彩を放つのがN予備校ですね。

休校支援の中でもこのN予備校の無料授業のレベルの高さから、

無料期間がいつまでなのか気になる人も多い様です。

 

今回は『N予備校の無料授業の受講期間はいつまで?【コロナ休校支援学習】』

というタイトルで、N予備校の無料授業の内容とその受講期間がいつまでなのかについて

触れてみたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

N予備校とは?

 

N予備校(エヌよびこう)とはドワンゴが提供するインターネット予備校(学習アプリ)で、

本来は学校法人角川ドワンゴ学園のN高等学校の生徒向けのものですが、

主要なコースは月額性で一般にも提供されています。

nyobiko

概要

2016年4月開校のN高等学校の課外授業用としてシステムが作られたが、

同7月に月額性で一般にも提供された。

PC向けWebサイトは勿論、android、ios向けアプリで

サービスが展開されている。対象年齢は設定されていない。

授業

スマートフォンなどのデジタルデバイスを駆使して、双方向の生授業が実現されている。

また授業はアーカイブとして保存され、取り出して利用可能となっている。

教材はスマホ向けのデジタル教材で紙の教材は無い。

大学受験教材はKADOKAWAブランドの中経出版の協力を得て作成されている。

コース

一般ユーザーとN高等学校の生徒両方が受講できるコース

N高等学校の生徒のみが受講できる課外授業コースとに分かれている。

一般にも開講されているコース

  • 大学受験コース
    • 英語、数学、国語(現代文、小論文、古典)、理科(物理、化学、生物基礎、生物)
    • 社会(世界史、日本史、地理)
  • 中学復習講座
    • 英語、数学、国語
  • プログラミング
    • Webアプリ(Node.js、Scala)、スマートフォンアプリ(Android、iPhone)
    • ニコニコ動画再現、コンピューターサイエンス、機械学習
  • Webデザイン
    • グラフィックデザインコース、HTML・CSSデザインコース

N高等学校の課外授業のみとして開講されているコース

  • KADOKAWA×文芸小説創作授業
  • 電撃×エンタメ授業
  • Vantan×クリエイティブ授業

 

引用:wikipedia

無料授業の内容は?

 

無料授業内容は上記の4つの全てのコース

  • 中学復習講座
  • プログラミング
  • Webデザイン

になります。

また、授業の特徴としては

①スマホやタブレットでいつでもどこでも気軽に学習出来る。

②解説動画を見ながら学習することが出来る。

③一般社会人にも魅力的な充実の科目とカリキュラム。

ということになります。

確かにWebデザインやスマホのアプリの勉強が無料で

気軽に出来るなんて素晴らし過ぎますよね~。

 

 実際にN予備校のコロナ休校学習支援を受けるには、

アカウントの作成やアプリのダウンロードが必要です。

詳細は公式ホームページからどうぞ!

↓↓↓↓↓↓↓↓

N予備校

スポンサーリンク

 

受講期間はいつまで?

 

この無料授業は3月1日からスタートしていますが、

N予備校の無料開放期間が未発表の為いつまで無料で利用できるのかは不明です。

一企業がコロナ休校支援の為に行なうボランティア的サービスですので

いつ終了になるのか現時点では分かりません。

なので、早めの行動がおすすめです。

 

因みに他企業の休校支援学習期間は休校期間に合わせていることから、

おそらく3月末日までは終了という事にはならないでしょう。

逆に、新型コロナウィルスの感染状況が収束に向かわない限り

4月まで延長される可能性もありますね。

ネットの反応

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『N予備校の無料授業の受講期間はいつまで?【コロナ休校支援学習】』

というタイトルで、N予備校の無料授業の内容とその受講期間がいつまでなのかについて

触れてみました。

多数の企業が無償で支援に乗り出す姿は、頼もしい限りですよね。

皆で一丸となってこの新型コロナ禍を乗り切りたいものです。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク