30万円コロナ給付金申請手続き方法【最新情報】!対象者と書類や窓口は?


4月10日(金)総務省より、コロナ給付金30万円について基準を簡素化する発表があり、

給付対象者等に関する条件がより具体的に明確になりました!

 

今回は『30万円コロナ給付金申請手続き方法【最新情報】!対象者と書類や窓口は?』

というタイトルで、より詳しい【最新情報】をお届けします。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

給付対象者等の明確化について

 

 

1世帯30万円の現金給付 基準を簡素化し全国一律に( 総務省)

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で収入が減少した世帯への30万円の現金給付について、

総務省は基準を簡素化し、世帯人数ごとに収入がいくらまで減少すれば給付するかを定めました。

世帯主と扶養する家族2人の3人世帯では、世帯主の月収が20万円以下に減少した場合などが対象となります。

政府は緊急経済対策の柱の1つとして、ことし2月から6月の間のいずれかの月に、

世帯主の収入が一定の水準まで減少した世帯に対し、1世帯あたり30万円を現金で給付することにしています。

給付の条件は住民税が非課税となる収入の水準を基準としていますが、

自治体によって違いがあるため総務省は、迅速な給付に向けて全国一律にすると発表しました。

新たな基準では、世帯人数ごとにいくらまで減少すれば給付するかを定めています。

 

例えば世帯主と扶養する家族2人の3人世帯では、

▽月収が20万円以下に減少するか、

▽月収が50%以上減少し、40万円以下となった場合、給付の対象となります。

 

給付を受けるには、収入の状況を証明する書類を市区町村に提出することが必要ですが、

窓口での感染拡大を防ぐため、郵送かオンラインでの申請を基本とするということです。

給付金は原則として本人名義の口座に振り込むとしています。

 

総務省ではこれらの情報をホームページに掲載するほか、10日から専用のコールセンターを設置し、

問い合わせに応じることにしています。

 

給付の開始日は各市区町村が決めることになっていますが、

総務省は「自治体側の負担が少ない簡便な仕組みにすることで、

できるだけ迅速に給付できるようにしたい」としています。

世帯の人数ごとの給付条件

世帯の人数ごとの給付条件です。

ことし2月から6月の間のいずれかの月の世帯主の月収の状況で審査されます。

世帯の人数は世帯主と扶養する家族をあわせた数です。

▽単身世帯は、◇月収が10万円以下に減少するか、◇月収が50%以上減少し、20万円以下となった場合。

▽2人世帯は、◇月収が15万円以下に減少するか、◇月収が50%以上減少し、30万円以下となった場合。

▽3人世帯は、◇月収が20万円以下に減少するか、◇月収が50%以上減少し、40万円以下となった場合。

▽4人世帯は、◇月収が25万円以下に減少するか、◇月収が50%以上減少し、50万円以下となった場合。

 

専用のコールセンターの電話番号は03-5638-5855で、

受け付けは平日の午前9時から午後6時半までです。

引用:NHKニュース

 

かなり分かり易くなりましたね~。

以前の話よりずっと分かり易く、本当に困っている人は助かると思います。

意味のないバラ撒きよりも、個人的にはずっといい事だと思います。

本当に必要な人に家族に素早く給付されるといいですね。

給付金申請手続き方法について

 

新型コロナウィルスの経済的影響に伴う給付金の申請手続き方法については、

まだ定まっておりません。

しかし、前回の「定額給付金」のケースからどのような申請手続きになるか概要を類推する事は出来ます。

今回の現金給付の法律が国会で成立し、施工されれば、

➀ 対象世帯の市区町村から「申請書」が郵送されます。

② 申請者(世帯主)は「申請書」に記入しますが、あらかじめ世帯全員の氏名や支給額などの

  情報が印字されている部分に誤りがあれば訂正します。

③ 申請書の振り込み口座欄の金融機関名・口座番号を記入し、

  キャッシュカード又は、預金通帳のコピーを添付し、

  申請者本人確認書類の免許証やパスポートの写しも用意します。

④ 最後に肝心な「収入減少証明書」が必要ですが、

  これは『給与明細』や『支払い調書』が要求されるのではないでしょうか。

⑤ これら②~④の書類を返信用封筒に同封して返送し審査結果を待ちます。

⑥ 無事に審査に通れば即日口座に入金となります。

⑦ もし、審査に通らない場合は「不服申し立て」の手続きも可能でしょう。

 

※ 前回の「定額給付金」(リーマンショックに伴う一律給付)の場合は

役所窓口での給付金支払いの選択肢もありましたが、

今回は感染拡大の恐れがある事に加え、『収入減少審査』の為に

窓口支払いは行われず、審査に若干の時間を要する事も考えられます。

しかし、緊急の措置ですので書類が揃っていれば対応は早いものと思われます。

スポンサーリンク

 

ネットの反応

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『30万円コロナ給付金申請手続き方法【最新情報】!対象者と書類や窓口は?』

というタイトルで、より詳しい【最新情報】をお届けしました。

 

もしお役に立つようであれば幸いです。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク