【最新】マスク鹿児島の在庫や入荷情報!品切れ状況はいつまで続く?


新型コロナウィルスの感染拡大は続いていて

収束の兆しも見えない状況ですね。

全国的なマスク不足も変わりません。

鹿児島では少し余裕があるのかと思いましたが

他の地域と同じ状態の様です。

今回は『【最新】マスク鹿児島の在庫や入荷情報!品切れ状況はいつまで続く?』

というタイトルで鹿児島のマスクの在庫や入荷情報などについて触れてみました。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

 

鹿児島のマスクの在庫情報は?

 

鹿児島は4人の感染者が出ている福岡と新幹線で数時間の距離なのに、

感染者が出ていないのはむしろ不思議なくらいですね。

おそらく、県民性もあるのでしょうが、

この様な緊急事態に対しては衛生意識の高さなどが影響しているのでしょう。

 

全国的なマスク不足が叫ばれて久しいですが、

中心部の天文館のコンビニでも、郊外のドラッグストアでも在庫がなく品切れ状況です。

新規の入荷情報はどうなのでしょうか?

 

鹿児島のマスクの入荷情報は?

 

マスクの入荷情報としてはドラッグストアの話からも

入荷はあるが不定期であることと数量に制限がある為、

入荷があればその翌日の朝に個数限定で販売しているとの事。

 

入荷の無い日はその都度「明日の入荷はありません」と

貼り紙をする様ですが、この様な場合は前日の貼り紙を確認の上、

開店を待てば買えるということですね。

 

因みにコンビニでは1日に3回程の入荷があるそうで、

店員さんと仲良くなって入荷のタイミングを知ることも出来そうです。

 

スポンサーリンク

鹿児島のマスクの品切れ状況はいつまで?

 

それにしても、一体いつまでこの様なマスク品切れ状況が続くのでしょうか?

政府は6億枚ものマスクを準備するという事ですが、1億人で分ければ

一人当たり6枚にしかなりません。

 

北海道の非常事態宣言を受けて一世帯に42枚を配布した模様ですが、

それでも一人当たり14枚という計算です。

果たして、1~2週間で収束に向かうのでしょうか?

 

マスクの70%を中国に頼った結果、絶対数が恒常的に足りず、

収束の見通しも立たない今、残念ながら品切れ状況は続くとしか言えません。

 

ネットの反応

まとめ

 

今回は『【最新】マスク鹿児島の在庫や入荷情報!品切れ状況はいつまで続く?』

というタイトルで鹿児島のマスクの在庫や入荷情報などについて触れてみました。

一日も早く収束の兆しを見たいものですね~。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク