マスク消毒スプレーの効果は?使い捨て用マスクの再利用は何回まで大丈夫?


マスク不足が続く中、人気の洗えるマスクでさえ品薄となり、

通販店でも品物によっては予約制となったりしています。

 

残された選択肢はマスクを自作するか、

使い捨てマスクの使いまわし・再利用かという事になりますが、

ここに来て経済通産省は使い捨マスクの再利用について

指針を定めようとしている様です。

 

今回は『マスク消毒スプレーの効果は?使い捨て用マスクの再利用は何回まで大丈夫?』

というタイトルで使い捨てマスクの再利用について触れてみたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

経済通産省の見解

 

2020年3月3日報道

経産省はマスク不足解消の為使いまわしを奨励している様です。

お役所としてはどうにかしてマスク不足騒動を鎮静化したい訳ですから

お立場は良くわかりますよね。

動画の最後では業界団体にマスク不足解消の為にマスク再利用の指針を委ねてます

 


 

業界団体の見解

 

2020年3月4日報道

 

業界団体はマスクの使いまわし・再使用については否定的ですね。

どうしても洗って使うのであれば

➀ 中性洗剤で押し洗い。

② 十分なすすぎ。

③ 乾燥機を使わず感想。

という事を強調されています。

更に今回のアルコール消毒液・抗菌スプレーは使用しないでほしい、とも。

 

ただ、経済産業省としては

マスクを洗ったり、消毒液につけることで2~3回は再利用できる

事を周知してほしかったようですね。

 

スポンサーリンク

マスク消毒スプレーの効果は?

 

ではマスクの消毒スプレーの効果はないのでしょうか?

確かに消毒の効果がどれ程のものかは不明です。

しかし、業界団体が「消毒液などを使用しないでほしい」

と言っている意味は、消毒薬に含まれるアルコールが

マスクのフィルター機能を破壊するという事で、

菌やウィルスに対して無力と言っている訳ではありません。

菌やウィルスの侵入については非力かも知れませんが、

咳やくしゃみに伴う飛沫を押さえる意味で、

他人に菌やウィルスを染さない様にする事に役立つのは間違いないでしょう。

 

 

使い捨てマスクの再利用について

 

今回の新型コロナウィルスの厄介なところは感染者自身の自覚症状が無いのに

他人に染してしまうところです。

自分を健康だと思い込んで実はウィルスの運び屋になっているかもしれないのです。

そういう意味からも再利用であれマスクはするべきだと思われます。

 

ネットの反応

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『マスク消毒スプレーの効果は?使い捨て用マスクの再利用は何回まで大丈夫?』

というタイトルで使い捨てマスクの再利用について触れてみました。

 

マスクも大事ですが手洗い・うがいも習慣化したいものですね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク