安倍元総理の辻元議員警告拒否の動画は?要人警護強化の問題点も!

   

 

安倍元総理の事件は時間が過ぎても未だに現実ものとは思えません。

「日本は危険な国ではない」と断言した安倍氏を忘れる事は無いでしょう。

今回は『安倍元総理の辻元議員警告拒否の動画は?要人警護強化の問題点も!』

というタイトルで、安倍元総理に敬愛の念を込めてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク


 

安倍元総理への警告

 

真正面からの警告動画です。

https://vt.tiktok.com/ZSReAF8nq/?k=1

7年前の動画で議論の前後関係は不明ですが、

明らかに辻元議員が、安倍氏の身辺に危険がある事を警告しているにもかかわらず、

元総理は真っ向から否定しておられます!

 

安倍元総理の理想

 

この動画を見る限り、元総理は「日本は安全な国だから大丈夫」と

笑い飛ばす勢いで警告に対して反論している様に見えます。

何故なのでしょうか?

おそらく、安倍元総理は「日本は美しくて安全な国だ」という理想を

自らのお立場を気にする事もなく、アピールされたかったのでしょう。

 

想像ですが、ご自分の理想の前では「命など・・・」というお気持ちが

残念なことに今回も優先されたのではないかと思われます。

スポンサーリンク


 

安倍元総理の要人警護

 

安倍総理の要人警護の失敗例は、今後の警護体制を根本から変える可能性が有ります。

要人や周囲の命を守る事は第一優先事項で、二度と今回の轍を踏むことは許されないでしょう。

警護方法の再構築、訓練等々改善の方法はより研究され実施される必要があります。

 

しかし、一方で監視社会の到来も懸念されるところです。

既に全国のあらゆる場所に防犯カメラは設置されていますが、

そのような一般市民に対するプライバシー等との折り合いが問題になるのではと思われます。

 

より厳しい任意の職務質問と手荷物検査、

より高精度な顔認証とマイナンバー等との個人情報の紐づけ、

防犯カメラやオービスと携帯による個人の位置情報の監視等々・・・。

 

更にこれらを統合するビッグデータによる飛躍的個人情報の収集と管理により

市民の一人一人が常に情報センターの巨大モニターで監視される。

暗いSF映画の様な未来の到来も予見されます。

 

これらの事は一気に進む進まないに関わらず、

今後一般市民が何らかの過剰な制約を受ける可能性は十分にあると言えるでしょう。

 

今回の事件そのものが要人警護と選挙活動の間(ハザマ)で起きている事からも、

既に難しい問題であると思います。

要人やその周囲の命を守る事と一般市民を何らかの過剰制約から守る事が両立する社会・・・

その様な日本をどこまでも望みたいですね。


 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『安倍元総理の辻元議員警告拒否の動画は?要人警護強化の問題点も!』

というタイトルで、安倍元総理に敬愛の念を込めてお伝えしました。

 

安倍元総理のご冥福を心からお祈り申し上げます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。