丹波義隆のプロフィールや出身大学と経歴は?奥様との馴初めも調査!

   

 

7月19日の「徹子の部屋」に俳優の丹波義隆さんが出演!

お父様の丹波哲郎さんの面白いお話も飛び出しそうです。

今回は『丹波義隆のプロフィールや出身大学と経歴は?奥様との馴初めも調査!』

というタイトルで、丹波義隆さんについてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

 

丹波義隆さんのニュース

 

7月19日放送の「徹子の部屋」に出演する丹波義隆さん=テレビ朝日提供

 

 

 

 

 

 

引用:MANTANWEB

 

丹波義隆さんのプロフィール

 

プロフィールと出身大学

たんば よしたか
丹波 義隆
生年月日 1955年7月13日(67歳)
出生地 日本の旗 日本東京都杉並区
身長 173 cm[1]
血液型 A型[2]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1973年 –
活動内容 1973年:デビュー
配偶者 丹波久美
著名な家族 丹波哲郎(父)
丹波敬三(曾祖父)
事務所 カートプロモーション
公式サイト 公式サイト
主な作品
テレビドラマ
ジャッカー電撃隊
『ひそやかな日々を』
『修羅の旅して』
『いらっしゃいませ!』
料理恋物語
新幹線物語’93夏


映画
青葉繁れる
アラスカ物語
連合艦隊
大霊界

出身高校:東京都立杉並高等学校卒業

出身大学:成城大学文芸学部(中退)

 

趣味:スキー、水泳、ゴルフ、ラジコンの模型飛行機作り。

鉄道模型のZゲージとスキーとスクーバダイビングとゴルフと社交ダンスにも造詣が深い。

 

経歴

 

高校在学中の1973年、“製作費節約のため”という理由で出演を請われ、

のちの丹波企画のプロデューサーが製作した大森健次郎監督第1回作品『二十歳の原点』

(東京映画)に角ゆり子扮するヒロイン・高野悦子の弟役で映画デビュー。

 

そのまま俳優を続けるつもりはなかったが、ついで岡本喜八監督の東宝映画『青葉繁れる』の

オーディションに、父の職場を覗く程度の気持ちで受けたところ合格。

 

名門高校の劣等生役で主演しユニークな個性を発揮した。

1977年、『アラスカ物語』(映画)で、丹波哲郎と父子共演を果たしている。

 

 

 出展:Wikipedia

スポンサーリンク

丹波義隆さんの奥様との馴初め

 

奥様は、元女優の丹波久美(旧姓名・田中久美)さんですね。

映画『おれは男だ!完結編』でデビューされてます。

 

お二人は1988年1月30日にご結婚!

久美さんのご両親が社交ダンスのインストラクターで、

久美さんが演技の基礎を学び直すために、丹波道場に入ったことが馴初めだそうです。

 

ご結婚後は丹波哲郎氏のマネージャーも務めたとか。

お二人の間には一男二女あり、旅番組ではお子様たちとの共演もあるとのこと。

やはり、芸能一家と言えるのでしょうね。

 

ネットの反応

 


まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『丹波義隆のプロフィールや出身大学と経歴は?奥様との馴初めも調査!』

というタイトルで、丹波義隆さんについてお伝えしました。

 

丹波義隆さんはお父様の丹波哲郎様そっくりですね~。

それにしてもご趣味の多い事には驚かされた次第です。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。