コロナ一律10万円給付【千葉】の申請と支給の時期は何時?手続き方法は?


ゴールデンウィークも明け、各自治体では10万円給付の準備が本格化します。

やはり、人口の多い市や区ほど大変で時間もかかる様ですね。

約98万人の人口を抱える千葉市の状況はどうなのでしょうか?

 

今回は『コロナ一律10万円給付【千葉】の申請と支給の時期は何時?手続き方法は?』

と言うタイトルで、千葉市の10万円給付について調べてみます。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

一律10万円給付千葉市の予定

 

 

オンライン申請方式

オンライン申請方式はマイナンバーカードをお持ちの世帯主の方が行うことができます。

マイナポータル上の特別定額給付金の申請画面から、世帯員の情報や振込先口座情報を入力した上で、

振込先口座確認書類をアップロードし、電子申請を行うことができます。

開始時期

令和2年5月15日(金曜日)から開始

給付日

令和2年5月下旬から順次振込

 

 郵送申請方式

市から世帯主宛てに申請書を郵送しますので、振込先口座情報等を記入し、

本人確認書類及び振込先口座確認書類とともに同封する返信用封筒を郵送することで、申請を行うことができます。

申請書発送時期

令和2年5月下旬から順次発送

給付日

令和2年6月中旬から順次振込(申請書の受理後、最短で2週間程度の予定)。

 

引用:千葉市ホームページ

一律10万円給付の申請と給付は何時?

 

一律10万円給付の案内は何故かホームページの奥の方にありましたが、

上記の様に分かり易くまとめてありました。

 

つまり、オンライン申請の場合は5月15日(金)開始。

給付は5月下旬から順次振り込みの予定。

 

郵送申請の場合は5月下旬から申請書を順次発送。

給付は6月中旬から順次振り込みの予定。(申請書受理後、最短2週間で振込)

 

郵送申請の場合、オンライン申請より約2週間は遅れる事になりますね。

 

 

 

一律10万円給付の申請の手続方法は?

 

 

ご承知の通り、申請手続き方法には、オンライン申請と郵送申請の

2通りの方法がありますが、

おさらいの意味で、その特徴などを簡単に整理しておきます。

 

➀ オンライン申請

マイナンバーカードを持っている世帯主が対象になります。

郵送申請よりも早い方法ですが、マイポータル登録の問題だとか、

サーバーダウンがネックになる場合もあります。

 

② 郵送申請

より安全かつ安心な方法ですが、

約98万人の市民の世帯との間で申請書を郵送で遣り取りする訳ですから、

オンライン申請よりも時間がかかってしまいます。

 

※ 銀行口座が無い場合 ※

銀行口座が無い場合などに限っての窓口申請も

出来るはずですので、必要書類の確認などと合わせて

事前の問い合わせが必要になります。

外出を伴いますのでそれなりの対策が必要ですね。

スポンサーリンク

 

ネットの反応

 

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『コロナ一律10万円給付【千葉】の申請と支給の時期は何時?手続き方法は?』

と言うタイトルで、千葉市の10万円給付について調べてみました。

 

困っている人に早く給付されるといいですね~。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク