コロナ一律10万円給付【仙台】の申請と支給の時期は何時?手続きの方法は?


 

コロナ一律10万円給付については、各自治体が進めているところですが、

給付のスピードについて言えば、おそらく2ヶ月程の差が付きそうです。

やはり人口の少ない市町村よりも、100万人を超える人口の

大都市の方がどうしても時間がかかるのは当然と言えばそうかも知れません。

 

今回は、『コロナ一律10万円給付【仙台】の申請と支給の時期は何時?手続きの方法は?』

と言うタイトルで、人口約110万人の仙台市の状況をお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

一律10万円給付仙台市の場合は

sendai
引用:仙台市ホームページ 5月1日

 

一律10万円給付の申請と支給の時期

 

正直言って、少し驚きましたね。

仙台市の場合は5月1日付けのホームページ上で、

給付申請の受付開始日について

”決まり次第、お知らせいたします”ですって!

 

それでも、オンライン申請の受付を5月半ば過ぎ、

郵送申請の発送・受付を5月中に開始予定とありますので、

少し、安心ですが、他の同クラスの都市よりも

2週間遅れと言ったところでしょうか。

ゴールデンウィーク明けの仙台市の頑張りに期待したいですね。

一律10万円給付の申請の手続き方法

 

申請手続き方法には、オンライン申請と郵送申請の

2通りの方法がある事は既に広く知られている様ですが、

おさらいの意味で、その特徴などを簡単に整理しておきます。

 

➀ オンライン申請

マイナンバーカードを持っている世帯主が対象になります。

郵送申請よりも早い方法ですが、マイポータル登録の問題だとか、

サーバーダウンがネックになる場合もあります。

 

② 郵送申請

より安全かつ安心な方法ですが、

約110万人の市民の世帯との間で申請書を郵送で遣り取りする訳ですから、

オンライン申請よりも時間がかかってしまいます。

 

※ 銀行口座が無い場合 ※

銀行口座が無い場合などに限っての窓口申請も

出来るはずですので、必要書類の確認などと合わせて

事前の問い合わせがおすすめです。

外出を伴いますのでそれなりの対策が必要ですね。

スポンサーリンク

 

 

ネットの反応

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『コロナ一律10万円給付【仙台】の申請と支給の時期は何時?手続きの方法は?』

と言うタイトルで、人口約110万人の仙台市の状況をお伝えしました。

 

仙台市の対応は少しスローかなとも思いましたが、

いざとなると、お役所もシステムの再構築だったり、

人員の確保だったり大変なのかも知れませんね。

 

ただ、もっと困っている人が居る事を忘れずに頑張って欲しいですよね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

 

スポンサーリンク