仁田忠常「鎌倉殿」の最期が哀しい!死因や家系図と子孫も調査!

   

 

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は毎回登場人物が退場しますが、

”これから”という若い武将の突然の最期は辛いものがあります。

今回は『仁田忠常「鎌倉殿」の最期が哀しい!死因や家系図と子孫も調査!』

と言うタイトルで、仁田忠常についてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。(ネタバレ注意!)

スポンサーリンク

仁田忠常の超略歴

 

仁田忠常役ティモンディ高岸は函南町に登場「鎌倉殿の13人 ...

出展:NHK

 

仁田忠常

1168年生まれ、北条家の近くの出身

頼朝挙兵時点からの家人

平家追討、奥州合戦で功績

富士野巻狩で大猪退治、曽我の十郎を討ち取る

頼家の命により富士山麓の洞窟探索

比企の乱で比企能員を討ち取る

頼家の命に依る時政誅殺をためらう

北条時政の祝宴に呼ばれる

加藤景廉に討たれる

 

 

仁田忠常のプロフィール

 

仁田忠常
Yoshitoshi Apparition in a Cave.jpg

仁田忠常/月岡芳年画(明治時代
時代 平安時代末期 – 鎌倉時代初期
生誕 仁安2年4月10日1167年5月7日[1]
死没 建仁3年9月6日1203年10月12日[2]
別名 新田氏、日田氏
四郎、忠経、忠綱
墓所 慶音寺(静岡県函南町仁田)
幕府 鎌倉幕府 御家人
主君 源氏頼朝頼家
氏族 藤原南家工藤氏流仁田氏[3][4]
父母 父:仁田忠行[1]
兄弟 忠俊忠次忠常忠正忠時[1]
菊子[5]

 出展:wikipedia

スポンサーリンク

仁田忠常の最期

 

仁田忠常は北条時政の指示により比企能員を討ち取りますが、

その祝宴の席に時政から呼び出されます。

 

一方で忠常は、2代将軍頼家から「時政を討て」との命も受けていた様です。

この様な微妙な空気の中で祝宴は長引き、

忠常の部下達に「もしかして忠常様の身に‥」という疑念が持ち上がります。

 

この疑念が行動に移り、なんと!仁田方は北条方を攻めますが、

仁田方は北条方に次々に討ち取られていき・・・

この騒動の中、仁田忠常は加藤景廉という武士に殺害されてしまいます。

 

仁田忠常享年36歳。

全く、とんでもなく、哀し過ぎる最期ですね。

 

 

仁田忠常の家系図と子孫

 


残念ながら仁田忠常の詳細な家系図は現存してない様です。

ただ、伊豆には仁田という地名があり、子孫に依って

仁田忠常と弟の忠正、忠時のお墓が守られているという事です。

父不明┐
├--------┬------┐
仁田四郎忠常   五郎忠正   六朗忠時

子不明

a

 

ネットの反応

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『仁田忠常「鎌倉殿」の最期が哀しい!死因や家系図と子孫も調査!』

と言うタイトルで、仁田忠常についてお伝えしました。

 

頼朝没後の鎌倉に渦巻く陰謀。

複雑な権力闘争の中で仁田忠常は惜しくも果てたのでしょうか?

あまりにも哀しい出来事ですね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。