山口雅之の観光農山は何処?プロフや経歴とプロジェクトも調査!

   

 

7月9日の「人生の楽園」は山口雅之さんの観光農山です。

山口さんや観光農山について気になる事を調べてみました。

今回は『山口雅之の観光農山は何処?プロフや経歴とプロジェクトも調査!』

と言うタイトルで、この「楽園」についてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク


 

山口雅之さんのニュース

 

 

花き栽培が盛んだった故郷の江見花笠山を再び花でいっぱいにしたいと、

“観光農山”として整備した山口雅之さん(61歳)と、妻の智恵さん(61歳)の物語。

“観光農山”としたのは年間を通じて様々な花摘みや野菜収穫体験ができ、

多くの観光客が訪れる山にしたいという雅之さんの願いから。

地権者の了解を得てNPO法人を設立し、県や市の支援を受けながら

私財を投じて整備を進め、花や野菜を植えて再生させた江見花笠山の姿とは!?

 

引用:「人生の楽園」番組内容から

 

山口雅之さんのプロフィール

 

 

名前:山口 雅之(やまぐち まさゆき)

生年:1960年(61歳)

出身地:千葉県鴨川市

活動:NPO法人江見花笠山復活プロジェクト

経歴:元小学校校長

 

 

スポンサーリンク


 

山口雅之さんのプロジェクト

 

a

江見花笠山とは

江見花笠山は春の花摘み、初夏のアジサイ、ソラマメ狩り、夏のヒマワリ、秋のコスモス、枝豆(鴨川七里)狩り、冬のフキノトウ摘み、ミカン狩り、レモン狩り・・・
一年を通して、花摘みや収穫体験ができる「観光農山」を目指しています。

[営業時間] 9:00~15:00(受付 14:00まで)

[受付] 旧江見小学校グラウンド内

[入山料]

大人/平日 200円 土日祝日 300円

中高生/大人料金の半額

小学生以下/無料

[駐車場]

旧江見小学校グラウンド

鴨川市江見内遠野139番地付近

アクセス

●公共交通機関(JR・高速バス)

東京駅 ─(高速バス アクシー号/JR外房線 わかしお号)─ 安房鴨川駅 ─(2駅)─ 江見駅 ・・・(徒歩3分)・・・ 旧江見小学校

 

●自動車

東京 ─(東京湾アクアライン・館山道)─ 君津IC ─(房総スカイライン)─ 鴨川 ─(国道128号線)─ 江見
*旧江見小学校グラウンドに駐車できます。

★カーナビをつかって花笠山へお越しの方へ

お車でお越しの際、カーナビの住所検索にて「千葉県鴨川市江見内遠野139」に設定し、付近到着後は現地の案内看板にしたがって、お越しください。

★鴨川方面からお越しの方へ

カーナビの名称入力で「旧江見小学校」を設定すると、狭い道を案内されてしまいますのでご注意ください。

案内図(PDFファイル)

b

 

美しかった花笠山はいつの間にか荒地に。

学校行事で花笠山を登ることになり、倒木や藪を切り開き進むと、

目の前に故郷江見の美しい景色が飛び込んできました。

素晴らしい風景に感動した雅之さんは、花笠山を蘇らせたいと仲間を募り、

NPO法人「江見花笠山復活プロジェクト」を設立。

定年退職後、仲間と2年かけて花笠山を整備し、智恵さんも仕事をやめて合流。

今年3月『観光農山 鴨川江見花笠山』をオープンさせました。

『観光農山 鴨川江見花笠山』では1年中花摘みや収穫体験ができるように、

雅之さんと仲間が日々山の整備に励んでいます。

山の維持管理のために所定の入山料もいただきます。

思い出深い故郷の山を再生したいとNPO法人を立ち上げた雅之さん。

花いっぱいにしたいと手伝う智恵さん。

穏やかな港町を舞台に、幼なじみ夫婦の奮闘ぶりと家族の応援、

地元の人々との温かな交流を紹介します。

 

引用:「人生の楽園」番組内容から

 

 

 

ネットの反応

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『山口雅之の観光農山は何処?プロフや経歴とプロジェクトも調査!』

と言うタイトルで、この「楽園」についてお伝えしました。

 

幼馴染が偶然再会して結婚!

3人のお子様に恵まれリタイヤされて、

私財を投げうって社会に貢献する‼

理想的なご夫婦の楽園ですね~♪

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。