無印良品の夏用マスクの通販店は?店舗等で購入出来ない場合の対処方法は?


 

様々な企業が夏用のマスクを発売する中でも、

無印良品のますくには注文が殺到しているとか。

全国の無印良品の店舗でも、無印オンラインでも購入出来そうなのですが、

人気商品だけに手に入りにくいという話もあります。

 

今回は『無印良品の夏用マスクの通販店は?店舗等で購入出来ない場合の対処方法は?』

と言うタイトルでこの人気の夏用マスクの購入方法についてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読み下さい。

スポンサーリンク

無印良品の夏用マスクとは?

 

無印良品では繰り返し使用できる夏素材のオリジナルマスクを6月から販売開始しました。

マスク全体に抗菌・防臭加工をしたもので、企業イメージ通り清潔感のあるデザインです。

夏用マスクは無印良品のTシャツやパジャマのオーガニックコットンの端切れを使用したもので、

サッカー織、ムラ糸天竺編み、鹿の子編みの3種類が6月初旬・中旬・下旬と順次発売されます。

それぞれ繰り返し使える2枚組で価格は999円(税込)との事。

① サッカー織(6月5日より発売)

©無印良品

② ムラ糸天竺編み(6月中旬発売予定)

©無印良品

③ 鹿の子編み(6月下旬発売予定)

©無印良品

 

無印良品の夏用マスクの通販店は?

 

注文殺到と言うくらいですので、店舗での売り切れの可能性は高く、

無印オンラインも目的の商品にたどり着きにくかったりします。

無印良品の通販はAmazonでも取り扱っていますが目的のマスクには

遂に到達できませんでした。

楽天でも取り扱いは無い様ですね。

 

無印良品の夏用マスクが購入出来ない場合は?

 

店舗でもオンラインショップ・通販店でも購入出来ない場合で、

もし急ぐ場合は類似の商品を探してみる事になります。

探してみるとファッション業界のマスク生産参入は少なくない様です。

 ファッション業界のマスクの生産・販売では、紳士服系企業の参入が目立っている。

メーカーズシャツ鎌倉は4月17日、“シャツ屋がつくるマスク”の予約販売をオンラインサイトで開始。

シャツ地を使って、日ごろはシャツを生産している国内工場で縫製。

繰り返し洗って使用できるもので、1柄3枚セットで2750円(税込)。6日間で50万枚の予約を受けた。

 

 「アオキ(AOKI)」は、外層に撥水加工、中・内層に抗菌加工を施した

ジャージー素材・3層構造のマスクを20枚セット3990円(税別)で販売する。

5月1日から「アオキ」と「オリヒカ(ORIHICA)」の公式オンラインストアで予約を開始。

16日からは店舗での取り扱いも順次開始予定だ。

 「コナカ(KONAKA)」は、ストレッチ性と形態安定性の高いワイシャツ素材を使用した、

耐久性と吸汗速乾性のある1枚980円(税別)マスクを、

「コナカ」と「スーツセレクト(SUIT SELECT)」の公式オンラインストアで予約受付中だ。

生産規模は1万枚で、第1弾の白無地素材は5月末、第2弾の白ドビー柄は6月中旬から順次出荷予定。

引用:yahoojapan news

スポンサーリンク

ネットの反応

​​

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『無印良品の夏用マスクの通販店は?店舗等で購入出来ない場合の対処方法は?』

と言うタイトルでこの人気の夏用マスクの購入方法についてお伝えしました。

 

マスクは新しい”生活必需品”となりました。

とすれば、出来るだけ機能的なファッショナブルなものが欲しいですよね~。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク