マリア愛子の元事務所アソビシステムがジャニーズに謝罪?きゃりーと同様?


 

世界的アイドル山PとJKモデルマリア愛子関連の話題が未だくすぶっている摸様ですね。

10月末で彼女を解雇した事務所をめぐっても様々な噂が囁かれている状況です。

 

今回は『マリア愛子の元事務所アソビシステムがジャニーズに謝罪?きゃりーと同様?』

というタイトルで、一連の騒動のその後をお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読み下さい。

スポンサーリンク

マリア愛子とアソビシステムとジャニーズ事務所

 

マリア愛子は10月末までアソビシステムに所属していたJKモデルです。

ジャニーズの山Pこと山下智久との交際をめぐり、

一連の騒動の終わりに、マリア愛子側は山下に対して

「未成年であることを隠して成人であると偽った」事などを

謝罪しています。(10月13日スポーツ紙報道)

 

アソビシステムはジャニーズ事務所に対して所属タレントの不祥事で

迷惑をかけたことになります。

しかし、この不祥事は実は初めての事では無かったというから驚きですね~。

 

アソビシステムの状況を伝える最新ニュース記事

 

 

・・・・・・・・・・

今回の騒動で真っ青になったのがAさんの事務所だ。

「『またジャニーズか……』とうんざりしていました。

というのも、Aさんの事務所はきゃりーぱみゅぱみゅと同じなんですよ。

 

きゃりーはかつて手越祐也と撮られたことがありましたからね」(芸能プロマネジャー)

2014年、きゃりーは人気バンドSEKAI NO OWARIのボーカル・深瀬慧と

熱愛が知られていた。

ところが、当時まだジャニーズにいたNEWSの手越祐也との密会を撮られたのだ。

2人は手越の自宅マンションで夜を過ごした後、タクシーに乗り、

高級和食店で食事をしたという。

 

「これにジャニーズ幹部がおかんむりだったんです。

『深瀬という男がいながら、手越をつまみ食いしやがって!』と(笑)。

真剣交際でもない扱いをされたことが逆鱗に触れたらしい。

結果、きゃりーの事務所がジャニーズに謝罪したそうですよ。

やはり、事務所の力の大きさからいっても仕方がなかったんでしょう。

まあ、みんな独身だし、自由だと思いますが、ジャニーズには通用しません」

(同マネジャー)

 

それだけに、今回も山下というジャニーズに手を出したことからやはり許せなかったと

もっぱらのウワサだ。

「“世界の山下”として売り出そうとしてた矢先ですからね。

ウィル・スミスの事務所と契約し、海外の俳優と共演した国際ドラマ『THE HEAD』も

全世界に配信されたばかり。

それが芸能活動ストップさせたんですから。

Aさんが所属契約を解除になるのも当然なのかもしれません。

トラウマ再びなんですよ」(同マネジャー)

退所者が相次ぐジャニーズ事務所だが、その隠然としたパワーは健在と言えそうだ。

引用:TOCANA (前半を省略)

 

つまり、アソビシステムはジャニーズ事務所に対して同じ迷惑を

繰り返しかけたことになりますね~。

 

さて、困ったのは騒ぎの元となった当事者はともかく、

ドル箱の山Pに自粛させざるを得ないジャニーズ事務所と

この大手事務所に2度にわたって迷惑をかけたアソビシステムでした。

スポンサーリンク

 

マリア愛子の芸能界復帰はあるのか?

 

一連の騒動に対して前述の『マリア愛子の山Pに対する謝罪』は

ひとつの方向性を決定づけたと言えるでしょう。

 

「私が嘘をついたことが悪かったのです」との女子高生の謝罪が、

山Pの好感度の回復(完全ではないにしても)につながり、

それは即ちジャニーズ事務所へのダメージの軽減になり

それはまた、アソビシステムへの迷惑度の減少にもなって、

マリア愛子自身の芸能界復帰への可能性を残すものにもなり得ます。

 

この展開には少し感心もしますが、

巷では「芸能界の”闇”を感じる」「謝れば済むのか」の声もしきりです。

確かに、スッキリしないモヤモヤが残る状況では有りますね~。

 

 

ー広告ー

これからの季節の、予約が殺到しているマスクの情報です。

楽天でチェック!

 

 

 

ネットの反応

 


こちらは関連記事です!

山下智久ジャニーズ退社の本当の理由は?マリア愛子事件が原因ではなかった!

マリア愛子のインスタとプロフィール!山Pの女子高生Aには特定出来ない?

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『マリア愛子の元事務所アソビシステムがジャニーズに謝罪?きゃりーと同様?』

というタイトルで、一連の騒動のその後をお伝えしました。

 

男と女、それを飲み込む芸能界・・・色々考えさせられますね~。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク