コロナ一律10万円給付【宇都宮】の申請や支給の時期はいつ?手続き方法は?


 

一律10万円給付について、各自治体共通ですが、

オンライン申請は上手くいけば超早く入金されます。

ところが何かつまづくと、例えば暗証番号忘れとか

あるいはサーバーダウン・通信障害・・・

となるとむしろ郵送申請の方早い場合もある様です。

 

今回は『コロナ一律10万円給付【宇都宮】の申請や支給の時期はいつ?手続き方法は?』

と言うタイトルで、宇都宮市の給付の状況についてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読み下さい

スポンサーリンク

一律10万円給付宇都宮市のスケジュール

 

市民一人あたり10万円が給付される特別定額給付金につきましては、

マイナンバーカードを利用したオンライン申請を5月1日から受け付けています。

郵送申請についても、5月25日の週には申請書をお届けできるよう準備を進めており、

申請方法などは、市のホームページなどでお知らせしてまいります。

支給につきましても、申請受付後、速やかに行ってまいりますので、ご理解いただけますようお願いいたします。

引用:宇都宮市ホームページ

一律10万円給付の申請や給付の時期は?

 

ホームページのスケジュールは、

 

① オンライン申請:5月1日から受付開始。

② 郵送申請:5月25日の週には申請書を届ける。

③ 支給について:申請受付後速やかに行う。

 

という事なので、郵送申請受付はオンライン申請受付の約1ヶ月後になります。

何とか、遅くとも6月末までには支給してほしいですよね~。

一律10万円給付の申請手続きの方法は?

 

申請手続きにはご存知の通り、オンライン申請と郵送申請の

2通りの方法があります。

ここでもう一度、その特徴や注意点などを簡単に整理しておきます。

 

➀ オンライン申請

マイナンバーカードを持っている世帯主が対象になります。

郵送申請よりも早い方法ですが、マイポータル登録の問題だとか、

サーバーダウンがネックになる場合もあります。

実際に、北九州市ではマイナンバーカードの発行及び、

電子証明書の発行に係るシステムに接続できないということや、

マイナンバーカードの暗証番号再設定が必要ということが起きている様です。

 

② 郵送申請

より安全かつ安心な方法ですが、

約52万人の市民の世帯との間で申請書を郵送で遣り取りする訳ですから、

オンライン申請よりも時間がかかってしまいます。

 

※ 銀行口座が無い場合 ※

銀行口座が無い場合などに限っての窓口申請も

出来るはずですので、必要書類の確認などと合わせて

事前の問い合わせが必要になります。

外出を伴いますのでそれなりの対策が必要ですね。

 

スポンサーリンク

ネットの反応

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『コロナ一律10万円給付【宇都宮】の申請や支給の時期はいつ?手続き方法は?』

と言うタイトルで、宇都宮市の給付の状況についてお伝えしました。

 

オンライン申請にトラブルが無い様に、郵送申請も早く手続きが進む様に

祈る次第です。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク