【麒麟がくる】本能寺の変の放送時期はいつ?桶狭間の戦いでドラマ終了か?


 

438年前の今夜は京の町は大変だった模様ですね。

破竹の勢いで天下統一を目指す織田信長が、

なんと筆頭家臣の明智光秀に討たれてしまうという大事件が起こりました。

歴史に名高い「本能寺の変」ですね。

 

その時代から遠い未来の現代もまた、「全世界の変」に見舞われています。

新型コロナウィルスという見えない敵の為に、

毎週楽しみにしている大河ドラマまでが休止・中止・終了と囁かれています。

 

今回は『【麒麟がくる】本能寺の変の放送時期はいつ?桶狭間の戦いでドラマ終了か?』

と言うタイトルでこのドラマの行方を探ってみたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読み下さい。

スポンサーリンク

本能寺の変の夜

 

今から438年前の6月2日、まさに今夜「本能寺の変」が起こりました。

今年のNHK大河ドラマ【麒麟がくる】の盛り上がりもあり、

”本能寺の変原因説50総選挙”なるものまで開かれたとか、

皆さん歴史が好きですよね~。

因みに選挙の投票期間は令和2年5月1日から5月24日まで、

結果発表は正に本日!投票数何と35,359票にも上ったとか。

そして気になる結果は?

1位 暴君討伐説 2位 秀吉黒幕説 3位 怨恨説だったそうです。

 

話を438年前の今日の京に戻しましょう(笑)

その夜、信長は少ない手勢と共に本能寺に居ました。

そこを明智軍に急襲され信長は「是非もない」とあっさりこの世を去ります。

 

死に際に、有名な”敦盛”を舞ったと言われていますが、

本当に信長は”敦盛”が好きだった様ですね。

 

今、”あつもり”と検索すれば、つけ麺の食べ方だったり、

集まれどうぶつの森だったりと笑える事でもありますが・・・。

 

これだけ情報の豊富な世の中で、

さて、【麒麟がくる】で「本能寺の変」がどの様に再現されるのかとても楽しみですね。

 

本能寺の変の放送時期はいつ?

ところが今回のコロナウィルス禍で放送休止となりました。

ファンは放送の再開時期が気になりますよね~。

 

そこで、勝手に【麒麟がくる】の放送再開の時期について予測を立ててみました。

まず初期条件を並べて見ます。

① NHKは出来るだけ年内に放送を終了させたいはず。

② 新型コロナウィルス禍の見通しは立たないが収束の手立てはありそう。

③ 残り23回分の撮影収録には少なくとも3ヶ月はかかる。

 

そこで、考えられる予測スケジュールは

① 前提として、コロナ禍は6月・7月で収束の見通しがつくものとする。

② 収録期間は8月初旬から10月末までの3ヶ月間とする。

③ 放映期間は10月初旬から12月末までの3ヶ月間とする。

④ 放映時間は夜8時から10時までの2時間とする。

という事になります。

つまり、このスケジュールからすれば、ズバリ!

「本能寺の変」の放送時期は11月末か12月の初めではと思われます。

 

※ 勝手な予測ですので、外れましたらご容赦下さい。

 

 

桶狭間の戦い後はナレーションで終了?

 

【麒麟がくる】は6月7日の”桶狭間の戦い”で一旦放送休止となりますが、

コロナ禍についてはまだ予断を許さない状況であり、

最悪の場合は休止が中止になる事もあり得ないとは言えないでしょう。

 

その様な事になれば、「本能寺の変」は海老蔵さんのナレーションで終了・・

なんて事はなんとしても、絶対に避けたいですよね。

その為にも皆の力を合わせて収束に舵をきりたいところですね。

スポンサーリンク

ネットの反応

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『【麒麟がくる】本能寺の変の放送時期はいつ?桶狭間の戦いでドラマ終了か?』

と言うタイトルでこのドラマの行方を探ってみました。

 

やはり戦国大河面白いですね~。

今年の年末にはコロナを収束させて、「本能寺の変」を皆で楽しみたいものですね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

 

スポンサーリンク