コロナ一律10万円給付【名古屋】申請と支給の時期は何時?手続きの方法は?


 

緊急事態宣言が5月31日まで延長される中、一律10万円給付も始まりました。

紆余曲折を経てやっと動き出した給付金ですが、

国民は喉から手を出して待っていますよね。

 

名古屋市は緊急事態宣言の時点で色々ありましたが、

の給付金についてはどの様な状況なのでしょうか?

 

今回は『コロナ一律10万円給付【名古屋】申請と支給の時期は何時?手続きの方法は?』

と言うタイトルで、名古屋市の一律10万円給付についてお伝えします。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

一律10万円給付名古屋市の方針

 

 

一律10万円が支給される「特別定額給付金」について、

名古屋市は早ければ6月からの支給を目指すとしています。

名古屋市では住民票のある約230万人に、一律10万円の「特別定額給付金」が支給される予定です。

市によりますと「いち早く市民に給付金を届ける」として、

給付にあたって議会の議決を待たず予算を執行する「専決処分」としたということです。

 

専決処分の額としては過去最大となる見通しで、今月開く臨時議会で報告するとしています。

市は5月中に申込書類の送付をはじめ、早ければ6月からの支給を目指すとしています。

引用:https://www.nagoyatv.com/

 

一律10万円給付申請と支給の時期は?

nagoya

名古屋市の人口が約230万人、豊橋市の人口は約38万人ですから、

比較にはならないのかも知れませんが、このタイミングで

具体的な日程が無くて、全て準備中と言うのはどうなのでしょうか?

 

名古屋市の方針である

5月中に申込書類の送付をはじめ、早ければ6月からの支給を目指す

と言う言葉を信じて待つより仕方が無いようですね。

 

 

 

一律10万円給付の手続きの方法は?

 

申請手続き方法には前述の通りオンライン申請と郵送申請の

二通りの方法が有ります。

 

➀ オンライン申請

マイナンバーカードを持っている世帯主が対象になります。

郵送申請よりも早い申請ですが、マイポータル登録の問題だとか、

サーバーダウンがネックになる可能性もあります。

 

② 郵送申請

より安全かつ安心な方法ですが、

230万人の市民の世帯と申請書を郵送で遣り取りする訳ですから、

オンライン申請よりも時間がかかります。

 

※ 銀行口座が無い場合 ※

銀行口座が無い場合などに限っての窓口申請も

出来るはずですので、必要書類の確認などと合わせて

事前に問い合わせ頂ければと思います。

外出を伴いますのでそれなりの対策も忘れずに!

 

スポンサーリンク

 

ネットの反応

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『コロナ一律10万円給付【名古屋】申請と支給の時期は何時?手続きの方法は?』

と言うタイトルで、名古屋市の一律10万円給付についてお伝えしました。

 

もう少し素早い対応が出来る様な気もしますが、いかがなものでしょうか?

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク