原口泉のプロフィールと出身大学は?経歴や著書についても!

   

 

 

12月7日の「歴史探偵」に原口泉さんが出演!

原口泉さんってどんな人なのか気になり調べてみました。

今回は、『原口泉のプロフィールと出身大学は?経歴や著書についても!』

と言うタイトルで、原口泉さんについてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

 

原口泉のニュース

 

歴史探偵 - NHK

 

歴史探偵「島津 強さのルーツに迫る」

 

戦国大名・島津氏。徳川家康が一目置いた「強さ」とは何だったのか。

火山の島にゆかりの城まで、九州各地を徹底調査。

明治維新の原動力にもなった「強さ」のルーツに迫る。

 

番組内容

戦国大名・島津氏。

関ヶ原の戦いで敗れながらも徳川家康から本領安堵を勝ち取りさらに幕末には

明治維新の原動力ともなった「強さ」のルーツとはいったい何か!?

謎の鉄砲「薩摩筒」を手がかりに鉄砲伝来の島に火山の島、

古(いにしえ)の港からゆかりの城まで九州各地を探偵たちが徹底調査!

見えてきたのは知られざる国際都市・鹿児島の姿と島津独自の鉄砲戦術、

そして天下人にも引けをとらない島津義久のしたたかな外交戦術だった。

 

 

出演者

【司会】佐藤二朗,渡邊佐和子,【出演】志學館大学教授…原口泉,

【リポーター】森田洋平

 

引用:「歴史探偵」の番組案内から

原口泉のプロフィール

 

Image

出展:Twitter

 

原口泉
人物情報
生誕 1947年2月4日(75歳)
日本の旗 日本 鹿児島県
出身校 東京大学
学問
研究分野 日本近世史・近代史
研究機関 志學館大学
学位 文学修士
主要な作品 #著書を参照
学会 地方史研究協議会
南島史学会

出展:Wikipedia

 

スポンサーリンク

 

原口泉の経歴

 

Image

出展:Twitter

 

経歴

1965年 – 米国ネブラスカ州立大学附属ハイスクール卒業。

1966年 – 鹿児島県立甲南高等学校卒業(在校中は生物部部長を務める)。

1974年 – 東京大学文学部国史学科卒業。

1979年 – 東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学(文学修士)。

1979年 – 鹿児島大学法文学部人文学科助手。

1980年 – 同専任講師。

1981年 – 同助教授。

1998年 – 同教授(2005-09年同生涯学習教育研究センター長併任)。

2011年 – 志學館大学人間関係学部教授、鹿児島大学名誉教授。

2012年 – 鹿児島県立図書館館長に就任。2021年退任。

2019年 – 第70回NHK放送文化賞受賞上記の他に2005年まで琉球大学非常勤講師、

放送大学客員教授を務めていた。

専任講師時代より各種テレビ番組の時代考証・解説や多数の公職を努め、

また、中国甘粛省緑化委員会栄誉賞、からいも交流功労賞など受賞。

2013年、平成25年度地域文化功労者として文部科学大臣表彰。

2016年、第91回NHK放送記念日感謝状。

 

 

著書

 

『NHKかごしま歴史散歩』1986年5月、日本放送出版協会

『かがやけ薩摩 歴史のあゆみを進めた先人たち』

1990年11月、鹿児島南ロータリークラブ

『鹿児島県の歴史』(共著)1999年8月、山川出版社

『篤姫 わたくしこと一命にかけ 徳川の「家」を守り抜いた女の生涯』

2008年1月、グラフ社

『龍馬を超えた男 小松帯刀』2008年4月、グラフ社 / 2010年9月、PHP文庫

『維新の系譜 家に、国に、命を尽くした薩摩藩・三人の功臣たち』

2008年12月、グラフ社

『世界危機をチャンスに変えた幕末維新の知恵』 2009年6月、PHP新書

『龍馬の夢を叶えた男 岩崎弥太郎』2010年1月、ベストセラーズ

『「龍馬の声」が聞こえる手紙』2010年1月、三笠書房

『龍馬が惚れた女たち』2010年4月、幻冬舎

ほか多数

 

出展:Wikipedia

ネットの反応

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『原口泉のプロフィールと出身大学は?経歴や著書についても!』

と言うタイトルで、原口泉さんについてお伝えしました。

 

「とにかく、明治維新は、広島藩が動いてくれなければ、薩摩は何もできませんでした」

え~~。

明治維新に広島藩が絡んでたのでしょうか?どんな風に?

何だか歴史っていつもワクワクしてきますよね~♪

先生のお話を楽しみたいと思います。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です