林大介(ザ・ノンフィクション)のプロフ!ヤングケアラーとは?

   

 

9月18日の「ザ・ノンフィクション」に林大介さんが出演!

実際の林大介さんはどの様な方なのか少し調べてみました。

今回は、『林大介(ザ・ノンフィクション)のプロフ!ヤングケアラーとは?』

と言うタイトルで、林大介さんについてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク


 

林大介(ザ・ノンフィクション)のニュース

 

ザ・ノンフィクション ボクと父ちゃんの記憶2022前編〜母の涙と父のいない家〜

 

父との「涙の別れ」からの1年…直接面会することが許されない家族…

父のいなくなった家で動き出す新生活…

高校を卒業し就職した息子が手にした初任給で買ったものは…

番組内容

この家から父がいなくなり3カ月が過ぎた。

父の介護生活から変わり、時間に余裕ができた一方で、父の不在を実感し、

母は涙していた…

2021年夏。

私たちが出会ったのは、緑に囲まれた千葉・睦沢町で暮らす高校3年生の

大介さん(17)。

父の介護を続ける「ヤングケアラー」だ。

父・佳秀さん(65)は、50歳の時に、若年性アルツハイマー型認知症と診断された。

それから15年。

病が進行し、家の中を歩き回り、今では家族と

 

番組内容2

の会話もままならず、トイレに一人でいくこともできなくなった。

そんな父を介護施設に入所させることを決断した母。

離れて暮らせば、父の記憶から家族の存在は消えてしまう…それは実質的に、

父との「別れ」を意味していた…

父との別れから8カ月。

あれから、月に1度のオンライン面会が許されるだけで、

父と家族は一度も直接会うことができていない。

父がいなくなったことを実感する日々の中で、高校の卒業式を控える大介さんは

 

番組内容3

、ささいなことから、母と激しく衝突する。

2022年春。大介さんは、造園会社に就職し、社会人としての一歩を踏み出した。

幼い頃から父に自然や環境のことを教えてもらった大介さん。

その先には、「いつか独立して農家になる」という夢がある。

それは「家族の未来」を思い描いた夢でもあった。

父との涙の別れ、それぞれの新たな生活。

大介さんが手にした初任給で買ったものは…

大好きな父がいなくなった家族の1年を追った。

 

 

引用:「ザ・ノンフィクション」の番組案内から

 

林大介(ザ・ノンフィクション)のプロフィール

 

 

名前:林 大介(はやし だいすけ)

年齢:18歳

現住所:千葉県睦沢町

出身高校:千葉県立の農業高校

職業:造園会社社員

将来の夢:農業経営

家族:父・佳秀、母・京子、妹2人、おばあちゃん

 

 

スポンサーリンク


 

林大介(ザ・ノンフィクション)ヤングケアラーについて

 

”ヤングケアラー”について法令上の定義はありませんが、

一般に、本来大人が担うと想定されている家事や家族の世話などを

日常的に行っている子どもとされています。

 

つまり、家族や身内に介護等の支えが必要な場合、

大人に代わって、その役割を負担させられる子供。

これが「ヤングケアラー」なのですが、

この僅か2行の文章の中には途方もない難行苦行が込められています。

 

物心がついたころから父親・佳秀さんの面倒をみて来たという林大介さん。

現在、佳秀さんは施設に入られている様ですが、

 

お家には90歳を超えるおばあちゃんがいらっしゃいますので、

いずれ、おばあちゃんの介護も必要になるのでしょうし、

妹さんたちはまだ学生さんです。

 

その場合の、大介さんの負担、妹さんたちの負担、お母様の負担、

そして社会の負担・・・それぞれの負担はどうなるでしょうか?

何か解決策はあるのでしょうか?

 

「ザ・ノンフィクション」は決して”他人事”ではありませんので、

番組をしっかり観ていきたいと思います。

 

 

ネットの反応

 



 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『林大介(ザ・ノンフィクション)のプロフ!ヤングケアラーとは?』

と言うタイトルで、林大介さんについてお伝えしました。

 

全ての人が、林佳秀さんになり得るし、林大介さんであり得る訳ですから、

今回のテーマはとても重い、誰も避ける事の出来ない内容ですね。

多くの人々が自分自身と重ね合わせて、

今後の林家に注目し応援するのではないでしょうか?

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。