【最新】マスク山梨の在庫と入荷の情報!品薄品切れ状況はいつまで続く?


 

遂に東京オリンピックを延期にまで追い込んだ

新型コロナウィルスの感染拡大は止まらず、

首都東京は都市封鎖が現実味を帯びてきました。

 

現時点で感染者4人という山梨でも、

恒常的なマスク不足が続いていますね。

 

今回は『【最新】マスク山梨の在庫と入荷の情報!品薄品切れ状況はいつまで続く?』

というタイトルで山梨のマスクの在庫や入荷の情報についてご案内したいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

山梨のマスクの在庫情報

 

街中の薬局やコンビニから郊外のスーパーやドラッグストアに至るまで

何処もマスクのコーナーだけは品切れの貼り紙と入荷予定未定の文字。

 

政府が1億枚手配しても1億人で割れば一人たったの一枚ですよね。

家電メーカーのシャープをはじめ様々な企業がマスクの生産に着手していますが、

そもそもマスクは中国からの輸入が7割を占めていて国内生産分は3割ほどだったとか。

 

日本全体がマスクを血眼で求めているところに供給される量があまりに少ないので

いつまでも恒常的なマスク不足が続いているのでしょうね。


 

山梨のマスクの入荷情報

 

それでも小型店にも大型店舗にも僅かずつですが、マスクは入荷しているようです。

入荷はしますが、あまりにも購入者が多いものですから即完売という状況なのです。

 

コンビニやドラッグストアのマスクの入荷情報をキャッチして

お目当ての時間に並ぶという方法は、個数制限も在ったりしてとても地味ですが

ほぼ確実にマスクをget出来る方法ではないでしょうか?

 

それでも、「並ぶ時間がない」「クラスターが恐い」ならば、

通販がおすすめです。


 

予約制になるかもですが、どこも4月上旬には届く見通しの様で、

法律が整備されましたので価格的にも以前の状態にに戻ってきている様ですね。

 

スポンサーリンク

品薄品切れの状況はいつまで続く?

 

体制が変わらない以上、以前の状況に戻るには、

今回の新型コロナウィルス禍が収束に向かう必要があります。

その意味からすると、全く見通しが立たないというのが正直なところでしょう。

 

なので、最近では従来の使い捨てマスクから

布製やポリウレタン製の洗えるマスクが利用されています。

手作りのマスクを612枚も県に寄付した女子中学生のニュースには感動しましたね。

それぞれが、知恵を絞ってこのマスクの品薄品切れ状況を乗り越える必要がありそうです。

 

ネットの反応

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『【最新】マスク山梨の在庫と入荷の情報!品薄品切れ状況はいつまで続く?』

というタイトルで山梨のマスクの在庫や入荷の情報についてご案内しました。

 

まだまだ感染の拡大が続いています。

それぞれが出来ることをやり続けるしかありません。

手作りマスクを寄付した女子中学生に見習って、

お互いを思いやる気持ちを持ってこの難局を乗り越えたいものですね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク