田中カ子さん117歳元気の秘密は?最高齢聖火ランナーの死ぬ気がせん理由!


またまた福岡発のとんでもないビックニュース!

福岡在住の世界最高齢者田中カ子(たなか かね)さん117歳が

東京オリンピックの聖火ランナーに内定したとか。

”驚愕”を通り過ぎて”そんな馬鹿な”というレベルですよね。

 

今回は『田中カ子さん117歳元気の秘密は?最高齢聖火ランナーの死ぬ気がせん理由!』

というタイトルで田中カ子さんの長寿と元気の秘密に迫ってみます。

 

この記事を読めば人生100年時代が夢でない事が分かり、

だれでも10歳は若返ると思いますので、

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

田中カ子さん117歳とは?

 

名前:田中カ子(たなか かね)

生年月日:1903年(明治36年)1月2日 【117歳】

居住地:福岡市(現在老人ホーム入所中)

 

明治・大正・昭和・平成・令和の5つつの時代を生きた

スーパーおばあちゃんですね。

 

実際に聖火をどう運ぶ?

 

一体117歳のおばあちゃんがどうやって聖火を‥と思いますよね~。

実際には田中さんは車いすに乗って、ご家族が後押しする形になるそうです。

 

5月12日、福岡市近郊の志免町を走る予定の様ですね。

まあ当然ですよね、どれ程元気なおばあちゃんでも

117歳のお年寄りが聖火のトーチを持って走る訳はないですよね(笑)

仮に本人が良くてもご家族は決して首を縦には振らないでしょう。

 

当然ですが、体調管理をしながら前日の体調などに問題があれば

中止という措置がとられるのは言うまでもないことでしょうね。

スポンサーリンク

「死ぬ気がしない」元気の秘密とは?

 

田中さんの口癖は「死ぬ気がしない」ですが、

どこからこの元気は出てくるのでしょうか?

その秘密はどうやら好きな時に好きな事をすることに在りそうです。

 

例えば食べ物で言えばチョコレートやオロナミンCドリンクが好物で、

特にオロナミンCは、”さっき飲んだかと思えばまた飲んでる”状態のようですね。

どうも、あの炭酸のシュワシュワ感がお気に入りの様です。

 

そして極めつけは、何かのインタビューで「好物は」ときかれて、

すかさず『オトコ』と応えるようなセンスでしょう。

 

本音の応えかもしれませんが、117歳で男女の気持ちを持っているところは

是非見習いたいものです。

そういう感覚の瑞々しさが元気に長生きできる秘密ではないでしょうか。

 

tanakakanesan

お若い頃のお写真ですが、本当にお綺麗ですよね~。

さぞかしお若い頃もモテモテだったに違いありませんね。

 

ネットの反応

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『田中カ子さん117歳元気の秘密は?最高齢聖火ランナーの死ぬ気がせん理由!』

というタイトルで田中カ子さんの長寿と元気の秘密に迫ってみした。

 

人生心の持ち様でどうにでもなるという気がしますね。

人生100年時代に向けて、田中カ子さんの生き方を見習わなければならないと思います。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク