緊急事態宣言延長は何時まで?5月末まで宣言を解除出来きない3つの理由!


 

政府は5月6日の緊急事態宣言を延長する方向で検討に入りました。

相当な犠牲を伴うでしょうが、宣言解除は出来ません。

 

今回は『緊急事態宣言延長は何時まで?5月末まで宣言を解除出来きない3つの理由!』

と言うタイトルで緊急事態宣言の延長についてお伝えします。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

宣言解除が出来ない3つの理由!

 

誰でも想像出来る事ですが宣言が今解除出来ない理由は、

下記の3点になります。

 

➀ 収束の兆しが見えない

② ゴールデンウィークで感染者が増加する

③ 医療崩壊が進む

 

それぞれを見ていくことにします。

 

➀ 収束の兆しが見えない

 

東京都で一旦2桁になった感染者数も即3桁に戻ったりして、

感染者数のグラフも右肩上がりが続きます。

 

一時期よりは減少したとは言っても、

右肩下がりのグラフにならない事には減少傾向とは言えないでしょう。

 

この様に、グラフ上でも感染者数が増加から減少に転じる”兆し”が見えないと

とても収束に向かうという判断はできませんし、

それを見極める為には、少なくともここ一か月という時間は要するのでしょう。

 

② ゴールデンウィークで感染者が増加する

 

つぎに、このタイミングでゴールデンウィークが始まりました。

外出を自粛しする人、近くを散歩する人、必要なものを買い物に行く人、

 

その他に、どうしてもレジャーを楽しみたい人がいるのは不思議です。

パチンコ、サーフィン、ゴルフ練習、ジム、

県境を越えての移動、取り締まる法律がないのをいいことに

「自由」を謳歌したい人達ですね。

 

5月20日頃からこの人達の中から感染者が新たに出る可能性があります。

ゴールデンウィークが収束にブレーキをかけるでしょう。

 

③ 医療崩壊が進む

 

ほとんどの地域で医療崩壊が起きます。

医療機器やベッドの不足、人手不足で、以前より症状が重くても

病院から家庭に返される人が出てきます。

 

この状況は既に医療崩壊と言っていいのでしょう。

これが家庭内感染の原因になり、医療機関は救う命に順番を付ける事になります。

 

その他様々な要素が絡み合って、

治療を受けることが出来る人、出来ない人の不公平が生じます。

 

スポンサーリンク

 

ネットの反応

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『緊急事態宣言延長は何時まで?5月末まで宣言を解除出来きない3つの理由!』

と言うタイトルで緊急事態宣言の延長についてお伝えしました。

 

6月以降に予測される自然災害を考えると、

なんとしても5月末までに収束の兆しが確認出来なければなりません。

今後は益々、自分の命を守る行動が、家族や社会を守る事になります。

他を頼ることなく、自分に出来ることを徹底しましょう!

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク