コロナ給付金はいつもらえるのか?5月の連休前に支給されるかを調査!


 

コロナ給付金(仮称)が出るというニュースがありますが、

まだ決まったことではないために、よく分からなくて、気になることばかりですね。

中でも大きな関心事は「いつ?いくら?もらえるのか」ではないでしょうか。

 

今回は『コロナ給付金はいつもらえるのか?5月の連休前に支給されるかを調査!』

というタイトルでゴールデンウィーク前の給付の可能性を探ってみます。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

コロナ給付金とは?

 

 政府・与党は新型コロナウイルスの感染拡大を受けた追加経済対策として、現金給付や商品券など直接的な家計支援を実施する方向で検討に入った。生活困窮者を支援するため、政府は公共料金の支払いを猶予するよう関係機関に要請した。

 政府がリーマン・ショックを受けて2009年に実施した「定額給付金」では、1人当たり1万2000円(18歳以下などは2万円)を支給した。政府・与党は「今回はリーマン以上の影響がある」(自民党の岸田政調会長)との認識で一致しており、一律2万円以上の給付を検討している。

 西村経済再生相は19日の記者会見で「現金給付は所得制限をしなければ迅速に支給できる」と述べた。ただ、政府・与党では、商品券などによる給付策を求める声もある。現金の場合、貯蓄などに回る可能性が高く、消費喚起につながらないとの見方があるためだ。

 家計支援策としてはこのほか、消費税率10%への引き上げと同時に始まったキャッシュレス決済に伴うポイント還元制度を延長、拡充する案も浮上している。

 一方、政府は、感染症の患者や経済的な影響を受けた人に対し、国税や社会保険料の納付を原則1年間、猶予する措置を取っている。申請があった場合は審査を簡略化し、延滞金などの免除や軽減も講じている。政府は18日、地方税でも同様の措置を取るよう地方自治体に要請した。

 上下水道や電気、ガス、NHK受信料、携帯電話使用料についても、支払いを猶予するよう関係機関などに要請した。

引用:読売新聞オンライン(

 

記事によるとコロナ給付金とは、今回の新型コロナウィルスの感染拡大により影響を受けた者に、

経済対策として現金給付や商品券などで直接的に家計支援をするものなのですね。

コロナ給付金の目的は?

 

繰り返しになりますがコロナ給付金の目的は

≪色々お金がかかって家計も大変でしょうから少し経済支援しますね≫

という事がメインの目的であるはずです。

 

あくまでも困ってる人に対する経済支援なのですね。

しかし、

”現金の場合、貯蓄などに回る可能性が高く、消費喚起につながらないとの見方があるためだ。”

とある様に、≪経済が冷え込んでいるからせっかくなら消費喚起もしたいよね≫

というサブの目的もある様です。

 

スポンサーリンク

コロナ給付金はいつもらえる?

 

そうなると、少しでも消費喚起をして経済を活性化させようとする想いから、

どうせならば5月のゴールデンウィークに合わせようとする事が考えられます。

なので、あまり時間がありませんが、4月末からの給付の可能性もある訳です。

 

ただし、現金ではなくて商品券という形になるかも知れませんが。

ネットの反応

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『コロナ給付金はいつもらえるのか?5月の連休前に支給されるかを調査!』

というタイトルでゴールデンウィーク前の給付の可能性を探ってみました。

 

何かあればお金をばら撒く、しかも少しだけ・・・

こんなことで良いのかなという気がします。

支給されれば、しっかり頂きますけど。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

 

スポンサーリンク