筋トレで40代が効果が出るまでにかかる期間は?


筋トレを始めたいけどもう歳だからとためらっていませんか?

筋肉はいつからでもやった分だけ鍛えられて確実に成果が出ます。

今回は40代でも張り切って筋トレを始められるように

その効果がでるまでの期間を確認してみました。

筋トレは人生を変える力があります。

早速あなたも始めてみましょう!

スポンサーリンク

筋トレで40代が効果が出るまでにかかる期間は?

 

筋トレ効果とは

筋トレの効果はどの様に測定されるのでしょうか。

短距離走の選手ならタイムで、重量挙げならウェイトで・・

その効果を測ることが出来ますが、筋トレの効果測定は

腹周り、腕周りをメジャーで測るくらいですね。

しかし、案外この計測は不正確でしかも面倒です。

筋トレの効果は体型のシルエットの変化や、

部位の筋肉の張りといった、計測というよりは実感で測るべきでしょう。

そこで筋トレ効果の実感ですが、これには二通りあって

「自分が感じる効果」と「人に気付かれる効果」があります。

 

自分が感じる効果

自分が感じる効果としては1週間から1ヶ月の間で

なんとなく感じてきます。

身体が締まったような、カチッと軽い感じがするにはやはり

1ヶ月はかかりますし、

胸や腕の張り具合、胸筋と腹筋の出っ張り具合が変わったという

実感が出てくるには平均的に3ヶ月かかります。

体脂肪の付き具合にもよりますが、この3ヶ月で実感が伴わず

筋トレを止めてしまう人が多いのは残念なことですね。

 

人に気付かれる効果

筋トレを始めて3ヶ月が過ぎると、人が気付いてくれないかと

ワクワクし始めます。

特に夏に向かって薄着の時期であればなおさらですが、

人は元来悪い事には気付いても、良い事には気付きにくく、

また気付いていても認めたくないという部分もあります。

そして忘れたころに、筋トレを始めて5~6ヵ月ほどになると、

「男らしい身体」「ボリュームがあるね」「いい身体してる」といった

反応が出始めてきます。

この反応が周りから出ることがどれだけ筋トレのモチベーションになるか

計り知れません。

こうなればしめたもので、より一層筋トレにハマっていきます。

 

40代がかかる期間とは

前述の通り40代で筋トレ効果が出る目安の期間は

3~6ヵ月という事になります。

確かに20代30代であればもう少し短時間で効果が現れてくるでしょう。

しかし、若干の時間の差こそあれ、筋トレすれば確実に効果は得られます。

ここが脳と筋肉との違いとも言えます。

脳を鍛えようとして、学習や勉強に励んでもその効果は残念ながら

若い人にはかないませんよね。

ところが筋肉については何歳から鍛えても必ず効果が現れます。

いつから始めても必ず成果が出るのが筋トレなのです。

 

なぜ期間がかかるのか

では何故40代からの筋トレはその成果が出るのに期間がかかるのでしょうか?

これには『筋肉量』と『基礎代謝』の問題がからんできます。

人間は歳をとれば太る傾向にあることは科学的にも証明されています。

30代後半から筋肉量が減少し始め、基礎代謝が低下するのがその原因です。

基礎代謝を『じっとしていても自然に消費するエネルギー』と考えれば

加齢で基礎代謝が低下するということは『エネルギーが少なくてよい』と

いう事になります。

そこで若い頃と同様に食欲に任せてエネルギーを摂取した場合、

当然エネルギー過剰で太ってしまう訳ですね。

つまり、40代の筋トレは筋肉量減少・基礎代謝低下という

逆風に立ち向かうという状況が成果に期間をかけさせていると言えます。

 

年齢と筋肉量の関係は

年齢と筋肉量の関係については今まで述べた通り

加齢とともに減少していきます。

特に30代後半からの筋肉量減少は顕著です。

 

減少する筋肉

減少する筋肉を補うためにも筋トレは必須といえます。

筋トレといっても何もコンテストや大会を目指す

ボディビルダーになるわけではありません。

近年問題になっているサルコペニアを回避することからも

ぜひ取り入れたいものですね。

スポンサーリンク

 

最短で結果を得る方法は!

 

最短で結果を得るとは

これまで筋トレの必要性や40代で効果が出るまでの期間について

述べてきましたが、もっと楽に、最短で結果を得る方法は無いのでしょうか?

実は、最短で結果を出す事は困難にしても、楽に成果を得る方法は

最近の研究で分かってきました。

【筋トレは毎日やらずサボりながらやる】ほうが良いという事です。

具体的には一日筋トレをやったら二日休む。

つまり、三日に一回の筋トレをするという事になります。

以前から言われている『超回復』ですね。

さらに筋トレの期間ですが、三日に一回の筋トレを6週間続けて

3週間サボることにします。

同じ筋トレを続けているうちに体が刺激に慣れることから

この新しい『おさぼり筋トレ』を楽しむべきでしょう。

 

最短で結果を得るには何が必要か

三日に一回、しかも6週やったら3週休む筋トレでも

意識しなければならないことがあります。

それはズバリ「食事と休養」です。

食事はタンパク質を多く摂り、休養は十分な睡眠を心がけましょう。

 

結果を得た後には何が必要か

筋トレの結果を維持する為には、トレーニングの継続は勿論ですが、

一番のポイントは食事でしょう。

しかし、糖質を制限してもストレスが溜るようでは精神衛生上も問題ですね。

甘いものを食べた日は夜の食事で帳尻を合わせたり、

次の日の食事をきちんと管理する事が必要です。

最悪なのはスイーツを食べたからと言って自暴自棄になったりすることです。

頭で管理する事で結果を維持していくことが出来ます。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は筋トレで40代が効果が出るまでにかかる期間と

最短で結果を得る方法について触れてみました。

最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク