原田琥之佑のプロフィールと祖父は?デビュー作と役柄を確認!

   

 

原田芳雄さんの孫、原田琥之佑(12)が俳優デビューをしました。

映画のタイトルは「サバカン」、琥之佑君も作品も気になりますね。

今回は『原田琥之佑のプロフィールと祖父は?デビュー作と役柄を確認!』

というタイトルで、原田琥之佑についてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

 

原田琥之佑のニュース

 

 

2011年に肺炎のため死去した俳優・原田芳雄さん(享年71)の孫・

原田琥之佑(こうのすけ、12)が、映画「サバカン SABAKAN」

(8月19日公開、金沢知樹監督)で俳優デビューする。

このほどスポーツ報知の取材に応じ、敬愛する祖父や俳優業への思いを明かした。

琥之佑は10年、芳雄さんの長男でギタリストの喧太(けんた、52)と妻の間に誕生。

俳優の佐藤浩市(61)は、姻戚(佐藤の妻と喧太の妻が姉妹)に当たり、

幼い頃から日本映画に触れて育った。

芳雄さんは自身が1歳半の時に他界しており、直接的な思い出はほとんどないが、

芳雄さんの遺作「大鹿村騒動記」(11年)を繰り返し観賞し、

俳優業に憧れを抱いてきた。

「周りがみんな『芳雄』と言うので僕も物心ついた時からそう呼んできました。

大好きな芳雄と同じ道を走れることが、ものすごくうれしい」

と念願の俳優デビューに笑顔がはじける。

 

引用:スポーツ報知

 

原田琥之佑のプロフィール

 

画像

出展:twitter

 

 

名前:原田 琥之佑(はらだ こうのすけ)

生年月日:2010年2月2日(12歳)

出身地:東京都

血液型:A型

身長:154㎝

体重:41㎏

靴のサイズ:24㎝

得意科目 : 数学、体育

趣味:絵をかく事、鬼ごっこ

特技:スティッチのものまね

好きな食べ物:ラザニア、母の作った餃子

好きな映画:「大鹿村騒動記」、米マーベル・スタジオ作品

 

 

堂々たるものですね。

とても12歳には見えません。

 

 

原田琥之佑の祖父

火の魚。 - 土狸庵ゆめ日記

出展:NHK広島 「火の魚」

 

琥之佑君の祖父の原田芳雄さんは素晴らしい俳優さんでしたね~。

印象的な作品に「火の魚」(室生犀星)というドラマがありました。

丁度、尾野真千子との共演だったのですが・・・

 

<初老の芳雄作家を瀬戸内の島に訪ねる、若い真千子編集者>

あー、そういう恋愛物語・・という先入観をさらりと裏切り、

淡々と描かれる無骨な作家と仕事一筋の編集者。

 

話はいつまでも色恋沙汰にならずイラついていると、

突然真千子は末期癌で本土の病院に入院!

芳雄は遠路、似合わない赤い花束を抱えて白いスーツでお見舞いに・・

 

「やめて下さい、あなたが花束を抱えて病室に来ると看護婦たちがザワつきます」

「勘違いされますので止めて下さい」

芳雄はぽつりと『強ち間違いではないかもしれない』

 

恋愛の欠片もないシーンと台詞の中で、

唯一、この場面がひょっとして告白のシーンだったのか?

ほのかな恋心があるかも知れないが

それはもう間に合わない・・

 

まるで、間の悪い人生を集約したかのような、

それでいてそれなりに精一杯成就したような、

ほろ苦い思いと共に島に帰る芳雄・・・

 

美しい瀬戸内海を背景に、ラブシーンのない恋愛映画でしたが、

この映画での芳雄は初老といっても島中をランニングして回る元気爺!

ジョギングではなくランニングですよ!

 

その映画の元気を見た後の、原田芳雄の現実の闘病姿に、

今でも胸を打たれます。

「火の魚」ぜひ検索して観て下さい。

本当にもう一度観たくなりました。

スポンサーリンク

原田琥之佑のデビュー作と役柄

 

サバカン SABAKAN

劇場公開日 2022年8月19日

サバカン SABAKAN

 

1980年代の長崎を舞台に、2人の少年が繰り広げる冒険と、それぞれの家族との愛情に満ちた日々を描いた青春ドラマ。1986年、夏。斉藤由貴とキン肉マン消しゴムが大好きな小学5年生の久田は、夫婦ゲンカばかりだが愛情深い両親や弟と暮らしている。ある日彼は、家が貧しく同級生から避けられている竹本と、イルカを見るため海へ出かける。溺れそうになったり不良に絡まれたりと様々なトラブルに遭遇しながらも友情を育んでいく久田と竹本だったが、やがて別れを予感させる悲しい事件が起こる。久田の両親を尾野真千子と竹原ピストル、大人になった久田を草なぎ剛が演じる。ドラマ「半沢直樹」の脚本などテレビや舞台の脚本・演出を手がけてきた金沢知樹が映画初監督を務め、萩森淳と共同でオリジナル脚本を執筆。

2022年製作/96分/G/日本
配給:キノフィルムズ

引用:eiga.com

 

琥之佑君が演じるのは冒険心に富んだ多感な少年でしょうか?

芥川龍之介の「トロッコ」の様な少し怖い話でしょうか、

映画「スタンドバイミ―」の様なロードムービーでしょうか。

地方の海辺の街を背景に、どの様な少年の心が演じられるのか楽しみですね。

ネットの反応

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『原田琥之佑のプロフィールと祖父は?デビュー作と役柄を確認!』

というタイトルで、原田琥之佑についてお伝えしました。

どうしても、祖父と重ねて観てしまいがちですが、

そうするには少し早いですね~。

原田芳雄さんもきっとお喜びの事と思います。

8月19日の公開が待ち遠しいですね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。