【最新】マスク福井の在庫と入荷情報!品薄品切れ状態はいつまで続く?


福井県は、鯖江市と越前氏それに福井市の30代から80代の男女4人が新たに

新型コロナウィルスに感染していることを発表しました。

福井県内の感染者は11日連続で確認されており、合計46人になりました。

引用:NHKニュース

一方感染を抑えるための有効手段としてのマスク着用

アメリカのトランプ大統領も見直したほど重要な感染防止対策として見直されています。

 

今回は『【最新】マスク福井の在庫と入荷情報!品薄品切れ状態はいつまで続く?』

というタイトルで、福井のマスクの在庫や入荷の情報と品薄品切れ状態について

触れてみたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

福井のマスクの在庫情報は?

 

市街地コンビニエンスストアから郊外の大型ドラッグストアまで

マスクのコーナーはどこも空っぽの状態ですね。

 

政府が1億枚配っても1億人に配れば一人当たり一枚にしかなりません。

菅官房長官がおっしゃっていた6億枚は何処に行ったのでしょうか?

「増産してる」割には行き渡らない気がしますよね。

 

そもそも、マスクの国内生産率は3割で7割は中国などからの輸入に頼ってたという事ですし、

今は、平常時と異なって皆でマスク買いに走ってますので、

そう簡単に以前の様な在庫の状態に戻る事は難しいと思われます

福井のマスクの入荷情報は?

 

需要が供給を遥かに上回って手に入りにくいマスクですが、

それでも僅かずつですがコンビニにもドラッグストアにも入荷は続いてます。

 

あまりにも購入者が多数の為常に品薄品切れ状況になるわけですが、

一つの方法としては行列の出来ているお店の情報を確認して

次回の行列に並ぶという手があります。

朝一番の行列に入ればかなりの確率でマスクを入手出来るはずですね。

 

もし、その様な時間が取れない、行列は感染が心配だとすれば、

ネット通販という方法もあります。

法律が整備されてからは、価格も落ち着いてきている様です。

 

 

スポンサーリンク

品薄品切れの状況はいつまで続く?

 

政府は布マスクを一世帯に2枚配布する事を発表しましたが、

この発表をどれだけの人が喜んだのでしょうか?

 

郵便屋さんが届ける様ですが、その労力を考えると無駄だという声が大半です。

つまり、今の政府に出来ることはその程度という事ですので、

この品薄品切れの状況が直ぐに変わるとは思えません。

 

現在、数多くの企業がマスクの生産に参加していますし、

それぞれ一人一人が工夫しながらこの状況を乗り越えるしかない様です。

 

以前は見向きもされなかった『洗えるマスク』などが人気のご時勢で、

従来の使い捨てマスクと同様に布製やポリウレタン製のマスクを

見かける事が多くなりましたよね。

 

敦賀高校野球部のマネージャー4名が、

手作りマスク100枚を敦賀市社会福祉協議会へ寄贈したというニュースは

現在の閉塞した空気の中に爽やかな風を入れた様な嬉しい出来事でした。

 

ネットの反応

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『【最新】マスク福井の在庫と入荷情報!品薄品切れ状態はいつまで続く?』

というタイトルで、福井のマスクの在庫や入荷の情報と品薄品切れ状態について

触れてみました。

 

この新型コロナウィルス禍の中でも、高額マスクを売りつける人もいれば、

手作りマスクを寄付する人もいます。

どんな状況でも学ぶことは多い気がしますね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク