田口翔事件の【黒幕】は誰?弁護士や母親と阿武町職員の全てを疑え!

   

偉人を輩出した山口県で摩訶不思議な詐欺事件が発生!

田口翔容疑者の逮捕で事件は一件落着なのでしょうか?

 

今回は『田口翔事件の【黒幕】は誰?弁護士や母親と阿武町職員の全てを疑え!』

と言うタイトルで、この事件の真相について迫りたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

 

スポンサーリンク

 

田口翔容疑者の最新ニュース

 

 

山口県阿武町が新型コロナウイルス対策関連の給付金4630万円を誤送金した問題で、

誤りと知りながら400万円を別口座に振り替え不法な利益を得たとして逮捕された

田口翔容疑者(24)が、1日で900万円を超える出金をしていたことが20日、

代理人弁護士への取材で分かった。

県警は同日、電子計算機使用詐欺容疑で田口容疑者を送検した。

 

引用:yahoojapanニュース 5月20日

 

田口翔容疑者のプロフィール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

RONS JOURNAL編集部(@vc36678)がシェアした投稿

 

名前:田口翔(たぐちしょう)

生年:1998年(24歳)

出身:山口県

職業 : 無職

趣味:パチンコ・ギャンブル・大麻

 

 

スポンサーリンク

 

田口翔容疑者の【黒幕】は誰?

 

田口翔容疑者の詐欺事件については単独犯と考えにくい要素が多々ありますが、

その前に、この摩訶不思議な事件の5つの何故(why)?について挙げてみます。

① 何故、田口容疑者に振り込んだのか?

② 何故、2週間振込ミスを放置したのか?

③ 何故、10日の間に全額を消すことが出来たのか?

④ 何故、弁護士が雇えるのか?

⑤ 何故、返金より服役を選ぶのか?

それぞれについて見ていきたいと思います。

 

① 何故、田口容疑者に振り込んだのか?

担当者は振込対象の463世帯とは別に、別紙で手続き書類を提出したとか、

その書類の一番目に田口容疑者の名前があったとの事。

普通、あいうえお順でいくと田口の「た行」は一番目に来ないはずですが、

悪い事に田口容疑者の登録銀行はは某メガバンクだったとか、

463世帯の殆どが山口銀行等の地方銀行登録だった為、

某メガバンクがリストの最初の部分に並んだのだとか。

そして、そこに田口容疑者の口座が表示されていたとの事です。

しかし、これは偶然なのでしょうか?

 

② 何故、2週間振込ミスを放置したのか?

様々なニュースで伝えられているのは、

阿武町役場が返金拒否から2週間もの間法的な処置をとらなかった事です。

何故か?勝手な想像をすれば「タカをくくっていた」という事でしょうか?

恐らく、以前大阪での1500万円の同様の事件も知らずに、

「話せば分かる」「役所も悪いのだから」と変な遠慮や性善説に基づいて、

事の重大さを甘く見積もっていたのではないでしょうか?

この部分は、振り込みが仮にミスであったとしても、

『無能』のそしりを受けても仕方がない処だと思われます。

 

③ 何故、10日の間に全額を消すことが出来たのか?

本当に田口容疑者は僅か10日間で4630万円もの大金を消費する事が出来たのでしょうか?

「ネットカジノで使い切った」と言う話は嘘ではないでしょうか?

外国の業者が主催するネットカジノに、人のお金であれ短期間に大金を投じるのは

こちらが貧乏性なのかとても信じられません。

もしかすると、ネットカジノに使ったと言いながらそこにプールしているとか

どこかに、キープして隠しているではないかとも思われます。

 

④ 何故、弁護士が雇えるのか?

有り金を使い切った田口容疑者が何故弁護士を雇えるのでしょうか?

24歳でギャンブル好きの無職の若者にその様な特別な人脈があるのでしょうか?

弁護士はボランティアで彼に尽くすのでしょうか?

とても考えにくことですね。

「弁護士もグルで後で隠し金を分ける」なんて噂も強ち嘘ではないかもしれません。

 

⑤ 何故、返金より服役を選ぶのか?

幼少期よりお金に執着が強かった田口容疑者には刑罰を受けてでも、

大金を手にする道を選ぶ可能性は十分にあるのでしょう。

「少しずつでも返します」の気持ちが本当ならこの事件は起きてないでしょうし、

思わず手に入れた大金を後先を考えずに我が物にする事を優先したものと思われます。

 

田口容疑者の【黒幕】は誰?

以上の事柄からこの事件は田口容疑者の単独の犯行とは考えにくい点があります。

”不正入金を待っていたかのような身のこなし”をみても、

【黒幕】とは言えないまでも協力者あるいは指南役の存在が感じられます。

指南役+振込役+実行者=ネットカジノ預金の様な疑いの目があるのも不思議ではありません。

 

あるいは、少年のころからお金に執着のあまりギャンブルの世界に精通すれば、

海外のネットカジノが利用できて日本の警察も手が出しにくい事くらいは、

田口容疑者自身、知識として会得していたのかも知れません。

実際にその様に海外に大金がプールされていれば回収は困難だと言われています。

つまり、4630万円は阿武町に返金されることは非常に難しい事だと思われます。

 

いずれにせよ、この事件は阿武町の甘さと田口容疑者のしたたかさが

引き起こした謎だらけの事件と言えるのではないでしょうか?

 

ネットの反応

 


 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『田口翔事件の【黒幕】は誰?弁護士や母親と阿武町職員の全てを疑え!』

と言うタイトルで、この事件の真相について迫ってみました。

 

この事件はどう考えても悪い意味でタイミングが良すぎる気がします。

果たしてそれは偶然だったのでしょうか?

あるいは緻密に練られた計画だったのでしょうか?

一刻も早い事件の解決を望むところですね。

 

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です