柗井のの子のプロフィールと出身大学は?経歴や年収についても!

   

 

8月23日夜の「セブンルール」に柗井のの子さんが登場!

女性花火師で有名との事ですがその素顔が気になりますね。

今回は『柗井のの子のプロフィールと出身大学は?経歴や年収についても!』

と言うタイトルで、柗井のの子さんについてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

柗井のの子のニュース

 

 

◎“今、最も見たい女性”“今、最も見てもらいたい女性”を

7つの「ルール」で描き出すドキュメント!

花火師・松井のの子に密着。

30歳目前で憧れの世界へ。

そこで待っていたのは、多くの火薬を扱い一瞬たりとも気を抜けない、

常に危険と隣り合わせの日々。

コロナ禍を経て、3年ぶりに迎えた有観客での花火大会。

待ちに待ったその日、夏の夜空に大輪の花を打ち上げる職人たちは何を思うのか――。

 

引用:「セブンルール」の番組案内から

 

 

柗井のの子のプロフィール

 

サムネイル1

 

 

名前:柗井 のの子(まつい のここ)

年齢:34歳

出身地:東京都

現住所:長野県

出身大学 : 多摩美術大学生産デザイン学科卒

職業 : 花火師

所属:有限会社伊那火工堀内煙火店

趣味:旅行

 

スポンサーリンク

 

柗井のの子の経歴

 

経歴について

 

柗井のの子さんは小さい頃から何となく花火師に憧れていたそうです。

高校卒業後は 多摩美術大学生産デザイン学科でテキスタイルデザインを学び、

大学を出て、カナダに留学、

 

その後は、横浜のアパレル会社に就職し、

布製品の柄のデザインを手がけます。

 

2013年には、福山雅治主演の映画「そして父になる」の小道具制作も担当し、

その後は作品制作に没頭、展覧会への出品など、

アルバイトをしながら創作活動をしていたとのことです。

 

ある時ふと、「昔憧れの花火の世界を…」と思い、

何のつても無く伊那火工堀内煙火店の門をたたいたそうです。

そして修行を重ねて、必要な国家資格も取り、

花火師としての現在に至るということです。

 

年収について

 

花火師の年収はピンキリで若い人では300万円未満、

工場長兼花火師クラスになると1000万円と言う話もあります。

因みに2022年6月時点の花火師の平均年収は485万円とか、

未だ経験5年程の柗井さんは300万円~400万円程ではないかと思われます。

 

 

ネットの反応

 


まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『柗井のの子のプロフィールと出身大学は?経歴や年収についても!』

と言うタイトルで、柗井のの子さんについてお伝えしました。

 

一旦、デザイナーを目指しながら、ふと昔の憧れを思い起こし、

思わず行動にでて花火師の門をたたいて5年、

一瞬も気を抜けない危険と共に自分の世界を追い求め続ける・・・

 

実際に現場で働く柗井さんを見たくなりました。

番組が楽しみですね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です