あびる優と才賀紀左衛門の親権問題は?「違法連れ去り」は許される?

   

 

あびる優と才賀紀左衛門の親権問題は法的には決着している様です。

ですが、その決着が実行されない場合はどうすれば良いのでしょうか?

今回は『あびる優と才賀紀左衛門の親権問題は?「違法連れ去り」は許される?』

というタイトルで、この問題について考えてみたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

あびる優のニュース

 

あびる優が告発120分 前夫・才賀紀左衛門の「モラハラDV」と7歳娘「違法連れ去り」【全文公開】

 

 

「昨年、Aちゃんの親権者が私に変更され、引渡しが確定しました。

ところが、彼は一向に引き渡そうとしない。

つまり、違法な“連れ去り”状態にあるのです」  こう語るのは、タレントのあびる優(36)。

「彼」とは、前夫で格闘家の才賀紀左衛門(33)だ。

2人は7歳の娘・Aちゃんの親権などを巡り、2020年1月から係争中だったが、

昨年4月に東京高裁が決定を下し、Aちゃんの親権者はあびるとなり、身柄の引渡しが確定した。

にもかかわらず、才賀が“違法”な状態で現在もAちゃんと同居していると、あびる本人が

「 週刊文春 」に明かした。

あびると才賀は2014年9月に結婚。2015年5月にAちゃんが誕生した。

しかし2019年12月に2人は離婚。Aちゃんの親権は才賀が持つと公表した。

あびるは年が明けた2020年1月、すぐに東京家裁でAちゃんの親権者変更を求める

調停を起こしている。同年8月には子どもの引渡しを求める調停を申し立てた。

一方の才賀はメディアを通じてあびるを批判。

〈(娘に会わせない理由は)離婚の原因にもなった彼女の「酒癖」です〉

〈離婚する前、彼女が泥酔して夜遅くに帰ってきたり、

寝ている娘を起こしたりすることがありました〉(AERA dot. 2020年12月10日)などと主張。

「娘を渡すことは絶対にできない」と語っていた。

 

引用:文春オンライン

 

あびる優のプロフィール

 

 

名前:あびる 優(あびる ゆう)

本名:阿比留 優

生年月日:1986年7月4日(36歳)

出生地:福岡県大牟田市(育ちは東京都)

血液型:A型

職業:タレント

活動期間:2001年~

所属 : ホリプロ

著名な家族:中山貴美子(母)、あびる愛(姉)

学歴:東京女学館小学校卒、東京女学館中学校中退、堀越高等学校中退

趣味:ネイルアート、人間ウォッチング、旅行

 

スポンサーリンク

あびる優の親権問題

 

離婚に伴う親権問題がこじれる事は、決して珍しい事ではないでしょう。

しかし、あびる優さんと元旦那の今回の問題は、

最高裁判所の判決が出てるのに、それが実施されないという、

親権問題以前の問題であると言えるでしょう。

 

例えば一般に、養育費の支払いが決定されても、実施を伴わない事も酷い話ですが、

お子様自身の成長に対する影響を考えると、それ以上に、

この様な「違法連れ去り」が決して許されるはずはありません。

 

法の裁きが出ている以上、何らかの方法で、

お嬢さんを【無法者】の手から取り戻すことが出来なければ、

”法律は無力”である事を証明する事になるのではないでしょうか?

 

ネットの反応

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『あびる優と才賀紀左衛門の親権問題は?「違法連れ去り」は許される?』

というタイトルで、この問題について考えてみました。

離婚問題ではただでさえ、子供が一番傷つくと思われます。

両親がこの様な状態であれば、その傷口を余計に広げる事になるでしょう。

もしも、「違法連れ去り」が放置される(許される)なら、

法律に何の意味が有るのでしょうか?

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。