藤生弓子のプロフィールと出身大学は?経歴や病歴についても!

   

 

8月6日の「人生の楽園」に藤生弓子さんが登場!

”楽園”でどの様なケーキを作られてるのでしょうか?

今回は、『藤生弓子のプロフィールと出身大学は?経歴や病歴についても!』

というタイトルで、藤生弓子さんとその楽園についてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

藤生弓子さんのニュース

 

出展:twitter

 

 

絹の町として知られる桐生市で、45年続いた両親のうどん店を改築し

ケーキ店を開いた藤生弓子さん(58歳)。

看板商品はこだわりのチーズケーキ。

デンマーク産のチーズをたっぷり使いしっとりと仕上げたその味は人々を笑顔に…。

幸せが香るケーキ店の物語です。

 

引用:「人生の楽園」の番組案内から

 

 

 

藤生弓子さんのプロフィール

 

出展:twitter

 

 

名前:藤生 弓子(ふじき ゆみこ)

年齢:58歳

出身地:群馬県桐生市

出身大学:桐生市の短期大学(推測)

職業:ケーキ屋さん経営『fromage de HARU(フロマージュ・ドゥ・ハル)』

資格:栄養士、食育アドバイザー

 

スポンサーリンク

藤生弓子さんの経歴

 

サイドバーでクエリ検索

出展:twitter

 

 

桐生市で生まれ育った弓子さん。

両親が営むうどん店『春見屋』は、母・昭子さんが作る手打ちうどんが評判でした。

短大卒業後、弓子さんは食に関わる仕事がしたいと食品会社に就職。

ところが昭子さんが体調を崩し、24歳で家業を手伝うことに。

そんな中で見つけた楽しみがケーキ作り。

いつしか『春見屋』のメニューの片隅にはチーズケーキが並ぶようになりました。

その後、弓子さんに大きな転機が訪れます。

43歳で乳がんが発見され、さらに50歳で2度目の乳がんに。

大病を乗り越える中で、心の支えは作り続けていたチーズケーキでした。

お客さんから「“チーズケーキが美味しい!”と声をかけてもらうことが嬉しかった」

という弓子さん。その姿を一番近くで見ていたのが母・昭子さんでした。

「これ以上、娘に苦労はかけたくない」と、

昭子さんは45年続いた『春見屋』の暖簾を降ろすことを決断。

そして「これからは弓子の好きなようにしなさい」という母の思いを受け、

弓子さんは2カ月かけて店をリニューアル。

2021年5月、『春見屋』から『fromage de HARU(フロマージュ・ドゥ・ハル)』へ

大きな一歩を踏み出しました。

お店の人気は、店名でもある「HARU」と名付けたニューヨークチーズケーキ。

試行錯誤を重ねてきた自慢のチーズケーキ、美味しさの秘密は丁寧に濾していくこと。

生地がなめらかになり、優しく時間をかけて“湯せん焼き”をすることで、

しっとりと焼き上がります。

この他にも、5~6種類のケーキを毎日作っています。

開店1周年を迎え、店内にカフェをオープンすることにした弓子さん。

出来るだけ地元の食材を使うようにしたいとメニューを考えました。

 

引用:人生の楽園|テレビ朝日 (tv-asahi.co.jp)

 

藤生弓子さんは短大を卒業後、食品会社に就職するも、

お母様の体調不良で実家のうどん店を手伝う事に・・

楽しみで作ったケーキがうどん店の片隅に並びます。

 

43歳で乳がんに罹り、50歳で二度目の乳がんに・・

病気と闘う中、作り続けるチーズケーキが心の支えだったそうです。

 

お客様の「チーズケーキが美味しい!」の声がターニングポイントだったのでしょうか?

お母様の協力で、うどん店は素敵なケーキ屋さんに・・

 

これらの事が弓子さんにパワーを与えたのでしょう。

今は、地域の皆さんの笑顔の”楽園”でケーキ作りに没頭されている様です。

 

 

ネットの反応

 


まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『藤生弓子のプロフィールと出身大学は?経歴や病歴についても!』

というタイトルで、藤生弓子さんとその楽園についてお伝えしました。

好きな事に打ち込むことで、周囲を幸せにして困難を乗り越えた藤生弓子さん!

とても素敵な「人生の楽園」ですね~♪

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です