山口由美のプロフと楽園紹介動画!経歴や「梅伝道」活動についても!

   

 

8月13日の「人生の楽園」に山口由美さんが出演されます。

320本の梅の木と笑顔に囲まれる人生の楽園とは?

今回は『山口由美のプロフと楽園紹介動画!経歴や「梅伝道」活動についても!』

というタイトルで、山口由美さんとその楽園についてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

 

山口由美のニュース

 

画像

 

埼玉県越生町の梅農家に嫁ぎ、梅づくしのカフェ『梅凛caffe』を始めた

山口由美さん(55歳)と支える夫の博正さん(61歳)の物語。

義父から受け継いだ梅林を大切に守る由美さん。

カフェでは梅干しの食べ比べや梅を使ったランチメニューなど楽しみがいっぱい!

梅のパワーで人と人とをつなぎます。

 

引用:「人生の楽園」の番組案内から

 

 

山口由美のプロフィール

 

名前:山口 由美(やまぐち ゆみ)

生年月日:1967年8月10日(55歳)

出身地:大阪府

職業:梅農家(山口農園代表)

 

 

 

山口由美の経歴や活動

 

画像

 

スポンサーリンク

 

経歴について

 

大阪府で生まれ小学6年生のとき埼玉県鶴ケ島市に移り住む。

幼稚園勤務を経て、1993年埼玉県越生町の梅農家3代目のご主人と結婚。

義父から梅を中心とする営農の手ほどきを受け、2010年より現職。

義父の代までは生産された梅は全て農協および市場出荷としていたが、

山口が代表になってからはスーパーなどに小売販売を開始、

「おごせの梅」や「山口農園の梅」などの自社ブランドを確立。

直接消費者からの声を聞くことにより、梅への理解度が低いことを知ることとなるが、

逆にそれを利用し梅干用の梅と塩のセット販売などを開始する。

また傷がついたりしてそのまま出荷できない梅の有効活用として練り梅、

梅味噌などの加工品の販売も開始。

2016年からは台湾への輸出を開始。

2018年からは生梅の収穫体験や加工体験を始め、2021年5月には

「体験だけでは伝えきれない梅の魅力や可能性を料理を通して伝えていきたかった」

として農園敷地内に「梅凛caffe」(ばいりんかふぇ)をオープンする

 

 

活動について

 

2012年

ひめこらぼ(女性農林漁業者とつながる全国ネット)

 

2013年

農業女子プロジェクト(農林水産省)

さいたま農村女性アドバイザー(埼玉県)

越生町梅産地を元気にする協議会 (越生町)

 

2014年

活力ある越生町の町づくり推進委員

ばば乙女の会主催

 

2015年

埼玉県農林業・農山村進行ビジョン策定に係る懇話会役員2016年

越生梅海外輸出協議会 企画

 

2021年8月

鶴ヶ島市商工会異業種交流会スクラム21による

「鶴ヶ島市制施行30周年記念缶バッジプロジェクト」に参加

 

 

出展:Wikipedia

 

 

ネットの反応

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『山口由美のプロフと楽園紹介動画!経歴や「梅伝道」活動についても!』

というタイトルで、山口由美さんとその楽園についてお伝えしました。

 

山口由美さん資料を見ていても写真のお姿をみても、

なんだか凄い【勢い】を感じます。

「自分が梅を守り育てる」という気迫でしょうか?

ひとつの事に打ち込む・・・そこに人が集まり楽園が出来る。

そんな気がしました。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。