寺嶋眞秀はハーフで生意気?現在は歌舞伎襲名より連ドラデビュー?

   

 

寺島しのぶの長男・寺嶋眞秀(まほろ)君9歳が話題ですね~。

歌舞伎の家系でありながら、早くも連ドラデビューという忙しさ!

今回は『寺嶋眞秀はハーフで生意気?現在は歌舞伎襲名より連ドラデビュー?』

というタイトルで、寺嶋眞秀君についてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

寺嶋眞秀のニュース

 

 

女優・寺島しのぶ(49)の長男・寺嶋眞秀(まほろ、9)が、

7月5日スタートのTBS系「ユニコーンに乗って」(火曜・後10時)で

連ドラデビューすることが22日、分かった。

同クールでは寺島がフジ系「競争の番人」(月曜・後9時、11日スタート)で

“月9”初登場。親子“競演”に早くも火花を散らしている。

眞秀は永野芽郁(22)主演の今作で、広末涼子(41)ふんする

サイバーモバイルCEO、羽田早智の息子・玲央を演じる。

先日、収録に初参加。

広末、西島秀俊(51)との共演シーンにも臆することなく、自然な演技を見せた。

「ほとんど緊張しなかった。演じるのは難しいけれど、

それ以上にドラマの撮影は楽しく、おもしろいです」と話す。

 

歌舞伎俳優・尾上菊五郎(79)の孫でもある眞秀。

7月は東京・歌舞伎座で市川猿之助(46)主演

「當世流小栗判官(とうりゅうおぐりはんがん)」にも出演。

小4ながらドラマ、舞台に忙しい夏となる。

 

猿之助が先の取材会で眞秀の起用に触れ「純粋に才能にほれ込んだ。芸勘、音感がいい」

とベタ褒めし、話題になった。ドラマでもその才能が発揮されそうだ。

 

一方の寺島は、坂口健太郎(30)、杏(36)のダブル主演作「競争の番人」が

初月9。公正取引委員会を舞台に責任感、正義感の中に優しさのある役どころ。

眞秀の連ドラには「いろんな新しいことを体験してほしい。無理に演じようとせず、

一番大事なのは“役の心”と伝えています」。

 

しかし、同クールでの“競演”話になると、一転してライバル心メラメラ。

「親子で同時期に違うドラマに出られるのはとてもありがたい。

両作とも見てほしいですが、親子であっても勝負。負けたくないですね」

と対抗心を燃やしていた。

 

引用:スポーツ報知 6月23日

 

寺嶋眞秀のプロフィール

 

 

名前:寺嶋 眞秀(てらじま まほろ)

生年月日:2012年9月11日(9歳)

出身地:東京都

身長:140㎝

体重:30kg

職業:俳優、歌舞伎役者

特技:英語、フランス語

趣味:野球

 

 

父はフランス人アートディレクターのローラン・グナシア

母は女優の寺島しのぶ

「眞秀」の由来はヤマトタケルの「大和は国のまほろば(すばらしい所)」から。

17年5月「團菊祭」(歌舞伎座)で初お目見え。

20年米映画「ソニック・ザ・ムービー」で初声優。

スポンサーリンク

寺嶋眞秀は歌舞伎より連ドラ?

 

ファンの中には「歌舞伎襲名は?」「連ドラデビュー?」

「まだ9歳なのにこんなに多忙で大丈夫?」と

眞秀君の健康を危ぶむ人も多い様ですね。

一方では「ハーフで可愛すぎる」「生意気!」という声も。

 

しかし、小さな身体(?)でこれだけの事をこなすには、

多少『生意気』である事も必要かと思われます。

むしろそれくらいでないとやっていけないだろうとも・・・

 

ともあれ、様々な面で恵まれた、羨ましい程の環境で育まれている、

眞秀君の今後の成長とご活躍を見守りたいですね~。

 

ネットの反応

 


まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『寺嶋眞秀はハーフで生意気?現在は歌舞伎襲名より連ドラデビュー?』

というタイトルで、寺嶋眞秀君についてお伝えしました。

寺嶋眞秀君、歌舞伎にドラマに声優にCMに・・・と

とんでもなく多忙な9歳ですね~。

しかし、これらをこなす才能であり、環境である事を信じて

応援したいものですね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。