田中律子のプロフィールと最終学歴は?経歴や書籍についても!

   

 

 

1月20日の「徹子の部屋」に田中律子さんが出演!

田中律子さんってどんな人なのか改めて調べてみました。

今回は、『田中律子のプロフィールと最終学歴は?経歴や書籍についても!』

と言うタイトルで、田中律子さんについてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

 

田中律子のニュース

 

田中律子、最愛の父が他界。晩年は療養のため沖縄で同居「地元の ...

徹子の部屋 田中律子

 

〜移住した“沖縄”で悠々自適の生活を〜田中律子さんが今日のゲストです。

 

ゲスト

人気番組『路線バスで寄り道の旅』での徳光和夫さんとの

名コンビぶりが好評の田中律子さんがゲスト。

 

番組内容

沖縄に移住し、スキューバダイビングと水上ヨガのインストラクターや、

NPO法人でサンゴの再生活動をするなど大忙しの田中さん。

もともと田中家は両親が美容室を経営していて、家族6人明るい家庭だった。

実は昨年、最愛の父をがんで亡くしているが、晩年はその父が療養のために沖縄で同居。

地元の人たちにも愛される存在だったという。

ほか、番組で共演中の“愛されキャラ”徳光和夫さんとのロケ秘話も!

 

引用:「徹子の部屋」の番組案内から

田中律子のプロフィール

 

田中律子>沖縄に移住、悠々自適な生活を明かす 昨年亡くした父 ...

出展:news.yahoo.co.jp

 

たなか りつこ
田中 律子
本名 田中 律子
別名義 田中理津子
生年月日 1971年7月17日(51歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都世田谷区
身長 159 cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ
活動期間 1984年 –
配偶者 杉本学(1997年 – 2012年
事務所 有限会社アール
公式サイト https://r-mnet.com/

出展:Wikipedia

 

最終学歴:堀越高校(東京・中野)

 

スポンサーリンク

 

田中律子の経歴

 

田中律子 20歳の初愛車は“プレゼントされたベンツ” おぎやはぎ ...

出展:news.yahoo.co.jp

 

経歴

 

生い立ち

実家は祖母の代から続く美容院である。

世田谷区立笹原小学校、世田谷区立桜丘中学校卒業。

日出中学校・高等学校(現目黒日本大学中学校・高等学校)から堀越高等学校に転入し、同校卒業。

高校は東京・目黒の日出女子高等学校に通っていたが、

ある日髪を結ばずに街を歩いていたところを担任教師に見つかった。

同校は校則が厳しく、髪を切るか学校をやめるかどちらかを選ぶように言われた田中は、

髪を切らずに翌月、堀越高校(東京・中野)に転校した。

 

経歴

1984年、12歳の時に、東京都町田市の小田急百貨店でボックスコーポレーションのマネジャーに

スカウトされ、「田中理津子」名義で雑誌『週刊セブンティーン』(1984年10月23日号、集英社)

にてモデルデビュー。

2度目に同誌(1985年3月26日号)に登場した際から、「田中律子」名義となった。

1985年4月、テレビ朝日系列の音楽番組『鶴ちゃんのいちごチャンネル』のアシスタントとして

テレビデビュー。

同年7月には連続ドラマ『ママ、大変だァ!』(テレビ朝日)にレギュラー出演し、女優活動も開始。

その後、雑誌『投稿写真』でのグラビアやNHKテキストシオリ1987年の

イメージガールなども務めた。

 

その後、パウチッコのCMに出演し、CMを見ていたレコード会社関係者からスカウトされ、

16歳高校2年生の時1988年(昭和63年)5月21日にフォーライフ・レコードより

筒美京平プロデュースにより「FRIENDSHIP」でアイドル歌手としてもデビューした。

レコーディングは、筒美京平が歌の指導を直接し、2日から3日かけて行われた。

本人いわくキーが高く、テンポが速すぎてリズムをとるのが大変だったと語っている

歌手としてはシングル11枚、アルバム5枚を発売。

ポスト杏里として売り出されたが、ヒット曲は出なかった。

杏里とは同じレコード会社かつ音楽制作スタッフも一緒で、

本人同志も雰囲気が似てると語りあっていた。

同期歌手デビューはWink、西田ひかる、高岡早紀などがいる。

 

当時、ニッポン放送で放送していたラジオ『関根勤のTOKYOベストヒット』では

同期デビューのアシスタント仲村知夏との相性がよかった。

第4弾シングル「また夏が来る・・・」は欧陽菲菲の「ラブ・イズ・オーバー」を書いた

伊藤薫の手による楽曲である。

また、ラストアルバム『ハート・ボイス』は本人のセルフプロデュース。

その他藤原ヒロシなどが楽曲プロデュースをしている。

 

1989年(平成元年)、テレビの連続ドラマ『愛しあってるかい!』(フジテレビ)への

出演をきっかけにテレビドラマに多数出演するようになった。

活動は女優業が中心となったが、その傍らバラエティー番組の司会や音楽活動も

1990年代前半までおこなった。

 

1997年(平成9年)には妊娠と結婚を発表、同年年末まではテレビ番組

『’98新春ドラマスペシャル 味いちもんめ』(テレビ朝日)の撮影や、

レギュラー出演していたバラエティー番組『王様のブランチ』(TBS)を続けた後、

翌1998年(平成10年)3月末をもって芸能活動を休止(産休)した。

 

女児を出産した田中は、同年中にテレビ出演を再開した。

2007年(平成19年)、『FILM FACTORY』(テレビ東京)で監督業に進出。

また、テレビの連続ドラマ『こどもの事情』(TBS)では、初めて連続ドラマに主演している。

 

2015年(平成27年)ウルトラ・ヴァイヴレーベルより歌手時代の全シングル音源を収録した

ベスト盤CD『FRIENDSHIP コンプリート・シングルス』を発売した。

2019年(平成31年)4月1日、所属事務所ボックスコーポレーションを退社し

独立したことを報告。

 

私生活

1997年(平成9年)、妊娠4ヶ月であることを発表、相手であるカメラマンの杉本学と結婚し、

翌年に女児を出産した。

2012年2月に離婚。15年の結婚生活にピリオドを打った。

 

 

書籍

 

キャンプで逢いましょう(1993年、山と溪谷社) ISBN 978-4635330169

セーターでアウトドアライフ(1994年、雄鶏社) ISBN 978-4277111997

海の扉をたたいてごらん(1994年、扶桑社) ISBN 978-4594014780

natural!―アウトドア・スタイル・ブック(1996年、地球丸) ISBN 978-4925020008

青空の下で、いただきます!(1996年、地球丸) ISBN 978-4925020015

恥じらう水(2002年、文芸社) ISBN 978-4835541938

ふりむくよる、おどろくやみ(2005年、新風舎) ISBN 978-4797452914

 

出展:Wikipedia

ネットの反応

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『田中律子のプロフィールと最終学歴は?経歴や書籍についても!』

と言うタイトルで、田中律子さんについてお伝えしました。

 

田中律子さんの沖縄暮らし!イイですよね~♪

恩納村は2度程おじゃまして、シュノーケリングを楽しみましたが、

海底から見上げる海面の波光の煌めきを忘れることが出来ません。

熱帯魚たちは恐れを知らず近寄ってくる楽園なのですよ~。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です