水野怜恩のプロフと大学!経歴や聞き屋を始めた理由と今後の展開は?

   

 

9月11日の「ザ・ノンフィクション」に水野怜恩さんが登場!

水野怜恩さんについて良く知りたく、勝手に調べてみました。

今回は『水野怜恩のプロフと大学!経歴や聞き屋を始めた理由と今後の展開は?』

と言うタイトルで、水野怜恩さんについてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

 

水野怜恩のニュース

 

ザ・ノンフィクション - フジテレビ

出展:fujitv

 

 

ただ人の話を聞く男がいる…夜になると現れる「聞き屋」の看板…

道行く人の話を聞くだけで人生のアドバイスなどは何もない…

なぜ人はそんな「聞き屋」にひかれるのか…

 

夜7時。その人は、名古屋の駅前に現れる…

歩道の片隅で「聞き屋」という聞き慣れない活動をする男がいる。

何をするのかといえば、ただ人の話を聞くだけ。しかも無料で。

この一風変わった路上活動をするのは、水野怜恩さん。

5年前に「聞き屋」を始めてから、ほぼ毎日、

人の話を聞き続けるこの街のちょっとした有名人だ。

 

「聞き屋」を訪れるのは、学生や会社員、主婦など老若男女を問わない。

話すのは、恋愛や仕事など人間関係の悩み。

中には、家庭内暴力や自傷行為など、深刻な問題を抱えている人もいる。

だだ聞くだけで何もアドバイスのない「聞き屋」に、彼らが心ひかれるのはなぜなのか…

 

友人と「聞き屋」を訪れたのは、ネイリストの専門学校に通うルミさん。

「男性との出会いがない」という悩みを打ち明ける彼女には、

恋愛で深く傷ついた過去があった。

常連のイオリさんは、長年、心の病に悩まされながら、自分に合った仕事を探し続けている。

 

気分が落ちると、どうしても欲求を抑え切れず、生活費が無くなるまで使い切ってしまう。

そんな自分を変えたいというイオリさんにとって、話を聞いてくれる「聞き屋」は

心のよりどころだ…

 

「聞き屋」での佇まいは、まるで救世主のようだが、普段の水野さんは、

実家暮らしの“ニート状態”。やりたいことも特になく、できることなら働かずに、

楽をして生きていきたいと願う日々。そんな彼が、なぜ「聞き屋」を続けているのか…

 

引用:「ザ・ドキュメント」の番組案内から

 

水野怜恩のプロフィール

 

出展:YouTube

 

 

名前:水野 怜恩(みずの れおん)

別名:ディーン・カワウソ

生年:不明

生月日:6月27日

出身地:愛知県名古屋市

出身大学:不明

職業 : 無職(時々バイト)

活動 : 聞き屋

趣味:人の話を聞く事

生活基盤:実家(基本ニート)

著作:「名古屋で見かける聞き屋の謎」

 

スポンサーリンク

 

水野怜恩の経歴など

 

出展:www.shiga-amuze.com

 

経歴について

水野怜恩さんは大学卒業後、ある会社に就職しますが2年で退職します。

それから4回ほど転職したようですがいずれも『何か違う』と思われたのか

退職されています。

2017年6月24日から「聞き屋」を始めて現在に至るそうですが、

水野さんの”聞き屋NOTE”には4年間で3000組の記録が残っている様です。

 

聞き屋を始めた理由

仕事に就いても長続きしない水野さんは、【自分の居場所】を求めていたそうですが、

そんな時あるところで「聞き屋」に出会い、地元の名古屋には「聞き屋」がいない事から、

自らがこの「聞き屋」の活動を始めたそうです。

活動の場所は大体名古屋駅周辺で、19時~24時との事ですから、

地元の方で、ご興味があれば、是非一度訪ねてみて欲しいと思います。

 

今後の展開など

水野怜恩さんは、メモを取りながら話を聞かれている様で、

帰宅後は”聞き屋NOTE”に聞き取った内容を整理されてるとの事です。

なので、著作の第2弾として”聞き屋NOTE2”を出版されては?と思います。

そう考えれば「聞き屋」の活動は<取材>それもネタが勝手に来るという状況になります。

上手くいけば生活費を稼いで、実家からの自立も夢ではないかも知れません。

 

「名古屋で見かける聞き屋の謎」を楽天でチェック!

 

 

ネットの反応

 


 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『水野怜恩のプロフと大学!経歴や聞き屋を始めた理由と今後の展開は?』

と言うタイトルで、水野怜恩さんについてお伝えしました。

 

世の中には、「殴られ屋」もいますし、

ゴミの中から”レアメタル”を取り出す「錬金術師」だって存在する様です。

某朝ドラの言葉通り【足元を掘れば泉が湧く】かも知れません。

水野怜恩さんの今後の展開に注目したいですね~。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。