コロナ一律10万円給付【世田谷】の申請と支給の時期は何時?手続き方法は?


 

コロナ一律10万円給付が始まりました!

北海道の東川町や北九州市ではもう実際に支給されたとか。

速いですね~。

いや本当に素晴らしい!

北九州市は人口約97万人の都市ですが、

東京の世田谷区はなんと人口約91万人!!

北九州市とあまり変わりませんよね。

 

今回は『コロナ一律10万円給付【世田谷】の申請と支給の時期は何時?手続き方法は?』

と言うタイトルで、世田谷区の10万円給付の状況について調べてみたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

一律10万円給付世田谷区のスケジュール

 

オンライン申請

5月2日(土曜日)受付開始

申請書の郵送

5月下旬発送(予定)

  • 令和2年4月27日時点で住民登録されている住所に送付されるため、
  • 別の居所への郵送をご希望の場合は、お早めに郵便局で転送手続きをお願いいたします。

口座振込

6月初旬(予定)

 

引用:世田谷区ホームページ

 

一律10万円給付の申請と支給はいつ?

 

世田谷区のホームページには、オンライン申請が5月2日受付開始とあり、

申請書の郵送は5月下旬発送(予定)とありますが、

口座振込が6月初旬(予定)とだけあります。

 

郵送申請で申請書を5月下旬に発送すれば、口座振込みが6月初旬というのは

少し早すぎかと思いますし、もしオンライン申請での口座振込みも同じ6月初旬であれば、

逆に遅すぎるのではないでしょうか?

どちらの申請方法も申請後2週間程が妥当なのではないでしょうか?

 


 

一律10万円給付の申請手続き方法は?

 

ご存知の通り、申請手続きには、オンライン申請と郵送申請の

2通りの方法がありますが、

念のため、その特徴などを簡単に整理しておきます。

 

➀ オンライン申請

マイナンバーカードを持っている世帯主が対象になります。

郵送申請よりも早い方法ですが、マイポータル登録の問題だとか、

サーバーダウンがネックになる場合もあります。

実際に、北九州市ではマイナンバーカードの発行及び、

電子証明書の発行に係るシステムに接続できないということや、

マイナンバーカードの暗証番号再設定が必要ということが起きている様です。

 

② 郵送申請

より安全かつ安心な方法ですが、

約91万人の区民の世帯との間で申請書を郵送で遣り取りする訳ですから、

オンライン申請よりも時間がかかってしまいます。

 

※ 銀行口座が無い場合 ※

銀行口座が無い場合などに限っての窓口申請も

出来るはずですので、必要書類の確認などと合わせて

事前の問い合わせが必要になります。

外出を伴いますのでそれなりの対策が必要ですね。

スポンサーリンク

 

ネットの反応


 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『コロナ一律10万円給付【世田谷】の申請と支給の時期は何時?手続き方法は?』

と言うタイトルで、世田谷区の10万円給付の状況について調べてみました。

 

少し早すぎるくらいの給付が嬉しいですよね~。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク