コロナ一律10万円給付【堺市】の申請と支給の時期は何時?手続き方法は?


 

ゴールデンウィーク明けの日本列島、緊急事態宣言延長の中、

大阪の吉村知事の出口戦略や、コロナ特効薬、ワクチン開発の

少し明るい話題も増えてきた様ですね。

コロナ一律10万円給付も既に受領された方もおられるとか。

今回は『コロナ一律10万円給付【堺市】の申請と支給の時期は何時?手続き方法は?』

と言うタイトルで、堺市の給付金支給状況についてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

一律10万円給付堺市のスケジュール

 

申請方法・スケジュール

オンラインによる申請

• 5月1日から既に申請受付を開始しております。

郵送による申請

  • 堺市から各受給権者(世帯主)宛に、世帯員の氏名・続柄等を記入した申請書を郵送します。
  • 申請書に必要事項(振込先口座等)を記入のうえ、本人確認書類
  • (※1)および口座確認書類(※2)のコピーを申請書の裏面に貼り付けて、
  • 同封の返信用封筒で堺市に郵送してください。

※1 運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証及び年金手帳等

※2 申請者名義の通帳やキャッシュカードの写し、インターネットバンキングの画面の写し

堺市での郵送受付開始時期などの詳細は決まり次第掲載します。

 

給付方法・スケジュール(予定)

給付は原則として、指定の申請者本人名義の金融機関の口座へ振り込みます。

受け取りに必要な口座をお持ちでない場合、同じ世帯の方等の代理人の口座で受け取ることができます。

現在、給付のための電算処理システムの開発や申請受付・支払処理を行う事務処理センターの設置等の

準備を進めています。

準備が整い次第、以下のスケジュールで給付できるよう取り組んでまいりますので、

しばらくお待ちください。

マイナポータル画面からの申請分  5月末~

郵送による申請分         6月上旬~

引用:堺市ホームページ

 

一律10万円給付の申請と支給の時期は?

 

ホームページから申請と支給の時期は

 

オンライン申請 5月1日から受付開始

郵送申請    郵送受付開始時期未定

オンライン申請による支給  5月末~

郵送申請による支給     6月上旬~

 

という事ですね。

オンライン申請で5月初旬に申請出来た人は5月末まで時間はかからないでしょうし、

郵送申請の開始時期未定というのは気になりますが、

 

仮に、5月末に堺市が申請書を発送するならば6月上旬の支給は難しいと思われます。

しかし、6月上旬とスケジュールを組んだという事は申請書の発送は5月中旬を

目指している事も考えられますね。

 

もうすぐ母の日🍒

一律10万円給付の申請の手続き方法は?

 

具体的な手続き方法については堺市のホームページの通り、

申請手続きには、オンライン申請と郵送申請の

2通りの方法がありますが、

補足としてそれぞれの注意点などを簡単に整理しておきます。

 

➀ オンライン申請

マイナンバーカードを持っている世帯主が対象になります。

郵送申請よりも早い方法ですが、マイポータル登録の問題だとか、

サーバーダウンがネックになる場合もあります。

実際に、北九州市ではマイナンバーカードの発行及び、

電子証明書の発行に係るシステムに接続できないということや、

マイナンバーカードの暗証番号再設定が必要ということが起きている様です。

 

② 郵送申請

より安全かつ安心な方法ですが、

約84万人の市民の世帯との間で申請書を郵送で遣り取りする訳ですから、

オンライン申請よりも時間がかかってしまいます。

 

※ 銀行口座が無い場合 ※

銀行口座が無い場合などに限っての窓口申請も

出来るはずですので、必要書類の確認などと合わせて

事前の問い合わせが必要になります。

外出を伴いますのでそれなりの対策が必要ですね。

スポンサーリンク

 

ネットの反応

 

 

まとめ

 

 

いかがだったでしょうか?

今回は『コロナ一律10万円給付【堺市】の申請と支給の時期は何時?手続き方法は?』

と言うタイトルで、堺市の給付金支給状況についてお伝えしました。

 

ここ1ヶ月程の間に給付が進めば有難いですよね~。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク