麒麟がくるの帰蝶【川口春奈】が凄すぎる!戦国最大の黒幕はマムシの娘か?


 

麒麟がくる、面白くなってきましたね~。

特に斎藤道三の娘、信長の嫁、帰蝶(川口春奈)の可愛さと怖さのギャップ!

今ネットは騒然となっている模様です。

今回は『麒麟がくるの帰蝶【川口春奈】が凄すぎる!戦国最大の黒幕はマムシの娘か?』

と言うタイトルで、コロナの世からマムシの世にトリップしてみたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

戦国の世は皆そうであったか?

 

あの可愛い帰蝶様が、織田信光に彦五郎暗殺を示唆するシーンにはゾクゾクしてしまいました。

戦国の世の女性は皆そうであったかと思えるくらいに、

政略結婚が当たり前の世の中で、娘は父親の言いなりが普通の様で、

結婚も離婚もお家の為ということで、まるで鉄砲と同じ武器とも言える存在だったのでしょう。

 

しかし、娘の方も知恵や策略を用いて我が身や家を守る術を身に付けていた様で、

帰蝶はその才に長けていたのかも知れません。

 

今回の麒麟がくるで帰蝶様は、信光に彦五郎に会って碁(五郎)を打て(討て)と

言い放ちますが、「そんな事、勝手に言っていいの?」的なシーンでもありました。

今までの流れから言っても、帰蝶は信長よりもウワテで信長をプロデュースする立場でした。

なので、勝手にやっている事なのでしょうが、結局この暗殺事件がドミノ倒しの様に、

信長を一躍スターダムに押し上げていくことになります。

 

まあ、帰蝶については歴史的資料も多くない様で、その分ドラマは面白く作れますが、

この調子で描かれると毎週帰蝶様にお会いするのが楽しみになりますよね~。

 

帰蝶は春奈以外には考えられない!

 

帰蝶のキャストについては土壇場の変更で決定した事は広く知られています。

まだ一部では予定されていた女優の帰蝶も見たいと”無いものねだり”も聞きますが、

今となってはこのキャスティング以外には考えられない程しっくり感がありますよね。

 

『魔性』のなかの意外性から言えば川口帰蝶がピッタリでしょう。

可憐で可愛い口から出る言葉の中の【まさか】の部分に惹きつけられますね~。

賛美すべきもの、そして恐るべきもの、それが女性ではないでしょうか(笑)

スポンサーリンク

 

ネットの反応

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『麒麟がくるの帰蝶【川口春奈】が凄すぎる!戦国最大の黒幕はマムシの娘か?』

と言うタイトルで、コロナの世からマムシの世にトリップしてみました。

 

この機会に様々な世界をトリップするのもいいですよね~♪

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク