カンラス ・ウェンディのプロフと最終学歴は?経歴や経験とは?

   

 

11月20日の「ザ・ノンフィクション」にカンラス・ウェンディさんが出演!

カンラス・ウェンディさんってどんな人なのか気になり少し調べてみました。

今回は、『カンラス ・ウェンディのプロフと最終学歴は?経歴や経験とは?』

というタイトルで、カンラス・ウェンディさんについてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

 

カンラス ・ウェンディのニュース

 

ザ・ノンフィクション - フジテレビ

 

ザ・ノンフィクション

 母と娘のラーメン 〜ピンチをチャンスに変える人〜

 

人気ラーメン店を経営するフィリピン出身のシングルマザー…

娘と2人で肩寄せ生き抜いた19年の奮闘の記録…

コロナ禍と物価高騰で閉店の危機が…母と娘のラーメン物語

 

引用:「ザ・ノンフィクション」の番組案内から

 

 

カンラス ・ウェンディのプロフィール

 

出展:twitter

 

 

名前:カンラス・ウェンディ

生年:1982年(40歳)

出身地:フィリピン

最終学歴:不明

職業:ラーメン店「とろ肉つけ麺魚とん」経営

日本での家族:お嬢さん(由奈さん)

 

 

スポンサーリンク

 

カンラス ・ウェンディの経歴

 

東京・神田小川町。

ランチ時になるとビジネスマンが押し寄せるラーメン店がある。

店を切り盛りするのは女性店主のカンラスさん(40歳)。

フィリピン出身のシングルマザーだ。

 

13年前にこの場所で店を開き、故郷の豚肉料理にヒントを得た「とろ肉」が名物の人気店だ。

「ホテルで働かないか?」と誘われ、貧しい家族の生活を支えるため19歳で来日。

だが、実際の仕事はフィリピンパプでの接客だった。

それでもカンラスさんは懸命に働き、実家に仕送りする日々。

 

そんな中で、客の日本人男性との間に子どもを身ごもる。

しかし、出産のために一時帰国すると男性との連絡は途絶えた。

そして彼女は悩んだ末に、生まれたばかりの娘と2人、日本で生きていくことを決めた。

彼女が選んだのは、ラーメン店でのアルバイト。

しかし、その店もわずか1年で閉店。

 

職を失うことになったカンラスさんは、自らラーメン店を経営することを決断する。

他の店で食べられない味を生み出し、

ラーメン激戦区の中で生き抜いた彼女の店は、今や人気店に。

心の支えとなっていた娘は19歳になった。

 

2020年、日本を襲った新型コロナの嵐。

そして、とどめを刺すような物価高騰…必死に守り抜いてきた店は、時代の波にもまれ、

閉店の危機にさらされる…

遠く離れた故国を離れ、生きるためにラーメンと向き合う母と、その背中をずっと見てきた娘。

大都会の片隅で、母と娘は今日も肩を寄せ合って生きている。

 

引用:「ザ・ノンフィクション」の番組案内から

 

 

ネットの反応

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『カンラス ・ウェンディのプロフと最終学歴は?経歴や経験とは?』

というタイトルで、カンラス・ウェンディさんについてお伝えしました。

 

一時期は巷にフィリピンの方が大勢居られる状況がありました。

殆どが出稼ぎで、故郷の家族へ仕送りされている方が多かったように思います。

カンラス・ウェンディさんはお嬢さんと日本でラーメン店を経営されているとの事。

さぞかし、様々なご苦労があるかと思います。

番組でどの様なお話が出るのか楽しみですし、

一度、カンラスさんのラーメンを食べてみたいと思います。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です