一蘭お子様ラーメン無料の公式アプリ会員とは?小学生へのコロナ休校支援!


新型コロナウィルス対策の全国一斉臨時休校に対して、

各業界の支援が集まる中、

全国展開を続けるラーメン業界の雄・一蘭さんが

小学生向け【お子様ラーメン無料】

期間限定・アプリ会員限定のサービスを打ち出しました!

 

今回は『一蘭お子様ラーメン無料の公式アプリ会員とは?小学生へのコロナ休校支援!』

というタイトルで、このサービスの内容やアプリ取得の方法などについて

ご紹介したいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

一蘭お子様ラーメン無料とは?

 

3月8日(日)から3月31日(火)まで一蘭は小学生以下を対象に

【お子様ラーメン無料】を実施します。

但し、日本国内店舗限定・一蘭公式アプリ会員限定とのこと。

 

以前から小学生未満を対象に行っていたサービスを今回は範囲を広げて、

小学6年生以下にしていますが、

ラーメンを注文した大人一人につき、小学生以下5人までが無料になります。

 

例えば”大人二人でラーメンを食べれば一緒に10人の小学生が無料になる

ということですよね~。

これって結構凄い事ではありませんか?

 

お子様ラーメンとは?

 

「お子様ラーメン」は、一蘭のこだわりの美味しさはそのままに、ハーフサイズにして提供するとんこつラーメン。無料提供サービスは、親子連れで来店した利用客が、ラーメンを取り分けている間に麺やスープの状態が変化し、最高の状態で食べられないことを考えて導入したという。大人と同様、「お子様ラーメンオーダー用紙」で好みの味を注文できる。

また、3月31日までの期間限定で、お子様ラーメンと抹茶杏仁豆腐をセットにした「お子様ラーメンセット」の無料提供サービスを国内店舗で実施する(西新宿店、なんば御堂筋店、銀座一蘭は除く)。

※ 引用:ヤフーニュース

 

とてもお子様想いの素敵なサービスですよね。

子供たちの笑顔が目に浮かぶ様です。

 

しかし、このサービスを受ける為には

一蘭公式アプリ会員になる必要があります!

では会員になるには具体的にどうすれは良いのでしょうか?

 

一蘭公式アプリ会員とは?

 

一蘭公式アプリ会員になると(会費無料)下記の特典があります!

<会員(麺バー)特典のご紹介>

一蘭公式アプリにご登録いただいた会員様を『麺バー(メンバー)』とお呼びします。

麺バーは、麺バー限定の特典を受けることができます。

1.来店ポイント獲得でおトクな引換券GET!

店内の「来店ポイント獲得スポット」にて獲得した来店ポイントを利用して、替玉や半熟塩ゆでたまごなどの人気商品の引換券を手に入れることができます。

2.お子様ラーメンをGET!

大人1名につき小学生未満のお子様(5名まで)に「お子様ラーメン」を無料でご提供いたします。

3.新しいコンテンツを続々公開予定!

随時更新してまいります。

<アプリの基本機能>

1. GPS機能で簡単店舗検索!

その場ですぐに最寄りの店舗情報を検索、店舗までのルートをご案内いたします。

2. 最新情報をもれなくチェック!

店舗でご提供する新商品情報や最新のキャンペーン情報を、プッシュ通知機能でもれなくご確認いただけます。

3. 気になるおみやげ商品をご自宅にお届け!

一蘭イチオシのおみやげ商品を、自宅にいながらご購入いただけます。お手軽に人気商品を味わうことができます。

※一部コンテンツは会員限定(無料)です。

※ 引用:一蘭公式サイト

 

スポンサーリンク

一蘭公式アプリ会員登録方法!

 

一蘭公式アプリ会員登録はとても簡単で下記の通りです。

ichiran2
ichran4

ichiran5

※ 出典:一蘭公式サイト

 

小学生へのコロナ休校支援について

 

一蘭は「お子様ラーメン」無料対象拡大と「お子様ラーメンセット」無料提供開始の発表にあたり、「新型コロナウイルスの影響により、成長の節目である卒園式・卒業式などの縮小や各種イベントの自粛など、お子様並びに保護者の皆様にとって心苦しい状況が続いております。一蘭では、そんなお子様方に少しでも喜んでいただきたい、笑顔になっていただきたいと考え、期間限定で“お子様ラーメンセット”の提供サービスを実施いたします」としている。

※ 引用:ヤフーニュース

 

ネットの反応

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『一蘭お子様ラーメン無料の公式アプリ会員とは?小学生へのコロナ休校支援!』

というタイトルで、このサービスの内容やアプリ取得の方法などについてご紹介しました。

 

一日も早く、本来の子供たちの笑顔が返ってきてほしいですよね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク