比企の比奈(姫の前)と北条義時の離婚理由は?再婚相手も調査!

   

 

大河「鎌倉殿の13人」で義時と比奈はイイ感じと思っていたのに、

何と結婚後しばらくして離婚をされたとか!一体何が起きたのか?

今回は『比企の比奈(姫の前)と北条義時の離婚理由は?再婚相手も調査!』

というタイトルで、比奈姫についてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。(ネタバレ注意)

スポンサーリンク

比企の比奈のニュース

 

画像

出展:twitter

 

 

義時は比奈(堀田真由)を正室とする。

史実で伝わるところでは、姫の前とも呼ばれ、大変美麗だったという彼女に

義時は猛アタックし、「離縁しません」と起請文まで書いたとされる。

だが比奈もまた、権力闘争の激しい鎌倉では、微妙な立場といえる。

比奈は、義時の父、時政と対立する比企能員(佐藤二朗)の縁続きの娘だからだ。

 

引用:夕刊フジ 6月8日

 

八重さんが亡くなった後、義時は比奈とイイ感じだったのですが、

ご結婚されて、しかも比奈さんは正妻なのですね~。

前妻が亡くなられて、すぐ再婚だなんて義時のモテぶりが際立ってますね。

 

比企の比奈のプロフィール

 

名前:比奈(ひな)

別名:姫の前(ひめのまえ)

生年月日:1207年4月27日

父親:比企朝宗(鎌倉幕府御家人)

配偶者:北条義時(鎌倉幕府第2代執権)<正室>

活動時期:鎌倉時代初期

子供:朝時(名越流祖)、重時(極楽寺流祖)、竹殿

性格:まっすぐ、明るい、賢い

容姿:端麗

スポンサーリンク

比企の比奈の離婚理由は?

 

1192年 比奈は義時に嫁ぐ。

1193年 義時の次男「朝時」を設ける。

1198年 三男の「重時」を設ける。

1203年 比企能員の変が起こり、実家である比企氏が

夫義時率いる軍勢により滅ぼされる。

 

比企の乱の直後比奈は義時と離婚し、源具親と再婚し「輔通」「輔時」を設ける。

比奈は再婚後3年ほどで京都にて死去したと伝えられる。

 

つまり、比奈は比企と北条の”架橋”にはなり得ず、

夫に実家を滅ぼされた故の苦悩の末に離婚したものと思われます。

 

 

ネットの反応

 

 


まとめ

 

今回は『比企の比奈(姫の前)と北条義時の離婚理由は?再婚相手も調査!』

というタイトルで、比奈姫についてお伝えしました

 

この時代の女性は、政略結婚に使われたり、重婚されたり、

殿方のいいように扱われる存在だったのでしょうか?

女性が強くなった現代はきっと良い時代なのでしょうね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。