ベビーシッターコロナ対策補助最大26.4万円受付開始!申し込み方法は?


安倍総理の2月27日の全国休校要請は各界に大きな波紋を広げています。

中でも共働きで、まだ小さな子供を持つ家庭では、

休校で学校に行けない子供の面倒を誰が見るのかという

切実な問題が急浮上してきていますね。

 

この様な状況を受けて、内閣府は3月の内閣府ベビーシッター補助券の利用枠を、

最大で26万4000円まで引き上げる方針を緊急に発表しています。

 

今回は『ベビーシッターコロナ対策補助最大26.4万円受付開始!申し込み方法は?』

というタイトルで、臨時休校でお子様の預け先に不安がある方に対して

この補助について急ぎ取り上げてみたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

ベビーシッターコロナ対策補助とは?

 

新型コロナウィルスによる学校の臨時休校を受けて、

内閣府は親が働き続けるためにベビーシッターを利用する際の

助成制度を設けているとの事ですが、

そもそも「ベビーシッター」という言葉は知っていても、

このサービスは今まであまりなじみが無く、

分かっていることは【親の代わりに専門の知識や技術・資格をもった人が

一時的に子供のお世話をするサービス】という事くらいですよね。

 

言葉通りの解釈になりますが、ベビーシッターコロナ対策補助とは

今回のコロナウィルスによる唐突な臨時休校に対応して、

「ベビーシッター」を利用する場合に行われる政府の補助という事になります。

その補助は最大で月26.4万円にもなるとのことですので、

受付や申し込みの要件・方法について気になりますよね。

 

ベビーシッターコロナ対策補助の申し込み要件・方法は?

 

ベビーシッターコロナ対策補助の申し込み要件・方法などについては

下記のJIJI.COMのニュース記事からの引用になります。

 

■緊急決定した補助増額について

内閣府の「企業主導型ベビーシッター派遣事業」の割引券とは、通常はベビーシッター利用1回につき、対象児童×2,200円の割引で、1日あたり1枚まで(月最大24枚の利用上限があります。

今回政府は、3月限定で、1日あたりの割引券の利用枚数の上限は設けず、月最大120枚まで利用できる方針を緊急決定しました。この措置により、お子様の預け先でお困りの親御様が、ベビーシッターを利用した場合、3月は最大264,000円を補助されることになります。

対象となるのは、乳幼児又は小学校3年生までの児童、その他健全育成上の世話を必要とする(※ア~ウ)小学校6年生までの児童となります。

■3月新規の企業申込も受付

本割引券制度は、企業が導入することにより従業員のみなさまがベビーシッター補助を受けられる制度です。企業の負担額は2200円の割引券1枚あたり、70円(大企業の場合は180円)です。

新型コロナウイルス感染症対策のため、令和2年3月については、新規利用を希望する企業の申し込みを受け付け再開。3月25日までにお申し込みをいただければ、2020年3月31日までのベビーシッター利用に割引を適用することができます。

本割引券は、申請すれば全ての企業が1週間程度で利用開始できます。さらに、メールにて申請書類を送付することで、オンラインで申請を完結することができますので、従業員や役員のお子様の預け先にお困りの声があがりましたら、早急に導入をご検討ください。

お申し込み方法の詳細はこちら
https://kidsline.me/magazine/article/423

 

スポンサーリンク

ネットの反応

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『ベビーシッターコロナ対策補助最大26.4万円受付開始!申し込み方法は?』

というタイトルで、臨時休校でお子様の預け先に不安がある方に対して

この補助について急ぎ取り上げてみました。

 

唐突な展開にも落ち着いて対応したいものですね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク