飯田裕子のプロフィールと出身大学は?経歴や書籍についても!

   

 

 

1月19日の「所さん!事件ですよ」に飯田裕子さんが出演!

飯田裕子さんってどんな人なのか気になり少し調べてみました。

今回は、『飯田裕子のプロフィールと出身大学は?経歴や書籍についても!』

と言うタイトルで、飯田裕子さんについてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

 

飯田裕子のニュース

 

所さん!事件ですよ - NHK

所さん!事件ですよ

 選「愛車がバラバラ!? 驚きの盗難手口」

 

最新の自動車盗難の手口と防止策を探る。

愛車のフロント部分がごっそり盗まれる被害が続発。

最新のセキュリティーシステムが役に立たない!?知られざる車両保険の落とし穴。

 

番組内容

耳を疑う盗難事件が起きた。

朝、自宅そばの駐車場にいくと変わり果てた愛車の姿が!

なんと車の前方が丸ごと外され、フロント部分と車内のパーツが盗まれてしまったのだ。

被害総額はおよそ200万円。

最近、こうした新手の車両盗難が増えているという。

さらに最新のセキュリティーシステムも1分程で解除される驚きの盗難手口まであるという。

そして、知られざる車両保険の落とし穴とは?

最新の自動車盗難の手口と防止策を探る!

 

 

出演者

【司会】所ジョージ,木村佳乃,ホルコムジャック和馬,

【出演】自動車評論家…飯田裕子,カーセキュリティー専門家…加藤学,

自動車ジャーナリスト…佐々木亘,【語り】吉田鋼太郎

 

引用:「所さん!事件ですよ」の番組案内から

 

飯田裕子のプロフィール

 

飯田 裕子|いいだ ゆうこの記事一覧 | CarMe[カーミー] by 車 ...

出展:car-me.jp

 

 

名前:飯田 裕子(いいだ ゆうこ)

生年:1967年(55歳)

出身地:東京都

出身大学:某短大(名称等詳細不明)

職業:自動車評論家

 

 

スポンサーリンク

 

飯田裕子の経歴

 

アストンマーティンDBXに最強モデル「707」登場。707PSの豪華SUV ...

出展:www.excite.co.jp

 

 

経歴

 

東京都生まれ。

実家は神奈川県の山間部にあり、非常に交通の便が悪かった。

そのため、自動車運転免許取得と同時に実親から乗用車のトヨタ・コルサを

買い与えられたのが初めての愛車であった。

短大卒業後、自動車メーカーに勤務するとともに、レーサーである弟の飯田章とともに

自動車競技に参加。

これがきっかけで、その後フリーランスの自動車評論家となった。

 

免許を取得した神奈川では“一人一台”、東京では“一家に一台”のクルマ生活を経験し、

結婚後には2004年からの約2年半、アメリカ合衆国に居住し、2007年2月に帰国した。

北米生活をはじめ海外のCar & Life Styleにも目を向けている。

また、「クルマの性能の進化を使い手であるユーザーにもっと知ってもらいたい」という

考えのもと、安全と環境啓蒙活動の一環として始めた自動車運転教習の教官として、

BMWドライバートレーニングを約10年間務めるなど、教官として15年以上の実績がある。

現在はアウディ・ドライビングエクスペリエンスを担当しているほか、

BMW、アストンマーティン、メルセデ・スベンツなど自動車メーカー、LPGA、

一般企業などでも講師を務める。

 

「クルマ×人×生活」に主眼を置き、現在は、自動車専門誌(Web)、新聞、

ライフスタイル系メディアへの執筆、テレビ、動画サイト、ラジオなどへの出演のほか、

講演、シンポジウムのパネリスト、トークショーなど幅広く。

自動車評論家としてのキャリアは10年以上、女性にもわかりやすいCar & Lifeの紹介ができる

ジャーナリストを目指す。

女性からの支持も高い。

 

日本自動車ジャーナリス協会会員、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、

日本自動車連盟(JAF)環境・安全委員会委員 、

JAF Woman in Motorsport(ウイミン イン モータースポーツ)座長、

国際自動車連盟(FIA)ウイミン イン モータースポーツ 委員。

 

 

書籍

 

それでもクルマに乗るための100の知恵 (朝日新聞社、2008年、製作協力)

 

 

ネットの反応

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『飯田裕子のプロフィールと出身大学は?経歴や書籍についても!』

と言うタイトルで、飯田裕子さんについてお伝えしました。

 

飯田裕子さんはとても車が好きな方の様ですね~♪

職業にするほど好きであれば、

さぞかし、お仕事は楽しいのでしょうね~。

とても羨ましく思います。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です