玉木幸則のプロフィールと出身大学は?TV出演の経緯についても!

   

 

10月21日の「バリバラ」に玉木幸則さんが登場!

玉木幸則さんってどんな人なのか調べてみました。

今回は、『玉木幸則のプロフィールと出身大学は?TV出演の経緯についても!』

というタイトルで、玉木幸則さんについてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク


 

玉木幸則のニュース

 

バリバラ - NHK

バリバラ

▽わたしのあふれ トラウマや心の痛みから生み出されずにいられない表現

 

いじめや虐待を経験した人たちの魂ゆさぶる表現

▽亡き兄を思って撮る空の写真

▽閉ざした心を開いた!ド迫力の一人芝居

▽妙にリアル…爆笑「妄想恋愛詩」

▽ベッキーも涙

 

番組内容

「初キスは〇〇の味でした」!?トラウマ体験や心の傷とともに生きてきた人たちが、

しばしば生み出す詩や絵などの「あふれ」。

そこに詰まっているのは、痛みだけじゃない!ユーモア、美意識、その人らしさ…

「生きてやる」というパワーをおすそわけ!

▽誰も比べない、分析しない。お互いをリスペクトしながら、

楽しくおしゃべりする癒やしと気づきのスタジオトーク

▽「私より苦しんでいる人がいるから」とフタをしているあなたに。

 

 

出演者

【出演】ベッキー,玉木幸則,東佳実,【司会】レモンさん

 

引用:「バリバラ」の番組案内から

 


 

玉木幸則のプロフィール

 

画像

出展 : twitter

 

 

 

名前:玉木 幸則(たまき ゆきのり)

生年月日:1968年8月23日(54歳)

出身地:兵庫県姫路市

出身大学:日本福祉大学社会福祉学部第2部卒業

職業:著述家、テレビタレント、障害者相談支援専門員

特定非営利活動法人メインストリーム協会理事、社会福祉士

活動:障害者支援、およびそれに関わるメディア出演

備考:出産時の事故が原因で脳性まひとなる

配偶者:有り、奥様は大学の先輩、一男一女の父である

 

 

 

スポンサーリンク


 

玉木幸則のTV出演の経緯

 

出展 : twitter

 

玉木がテレビへ出演するようになったきっかけは、

『バリバラ』の前身である『きらっといきる』のプロデューサーの要請により、

前任者の牧口一二の後を継いだことに始まる。

 

当初、玉木は2ちゃんねるでの炎上や自らの言語障害などを考慮し、

テレビ出演を躊躇していたが、以前の『きらっといきる』への出演時に玉木が発言した、

「僕の夢は、『きらっといきる』のような番組が無くなっていくことです」

という言葉をプロデューサーが持ち出し、「あんたの手で無くしてもらってええんやで」

と言われたことが決め手となった。

 

当初の一年間は以前の番組を踏襲する形で進められたが、

一年の締めくくりの反省会席上で、玉木が主張する「頑張った感を出さない」

という理念に対して、ディレクターの不満が噴出する。

 

「頑張った感を出さないとは、どういうことや?頑張っていることを見せて何が悪い!」

というものであった。

会話を重ねる内に、山本シュウが「それってバラエティーやなぁ」と言い始めた。

 

これを受けプロデューサーが「じゃあ、バラエティーにしましょう」ということになり

『バリバラ』が生まれた。

そのわずか一ヶ月半後、異例のスピードでバリバラが企画される。

 

2012年4月には障害者が「本当に必要な情報」を楽しく届ける番組として放送が始まった。

番組ではこれまではタブー視されてきた障害者の性や、

障害自体を笑いのネタにするような内容まで含み、

真のバリアフリーを目指す画期的なものとなった。

 

出展:Wikipedia

 

 


 

ネットの反応

 



 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『玉木幸則のプロフィールと出身大学は?TV出演の経緯についても!』

というタイトルで、玉木幸則さんについてお伝えしました。

 

以前、支援活動をする人とお話をする機会がありました。

「私の周りには支援が必要な人は居ない様ですが・・・」と申し上げると、

「よく見ようとしてないだけですよ」と言われて、

恥ずかしくなった記憶があります。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です