金田安史のプロフィールや出身大学は?経歴や年収についても!

   

 

7月25日の「クローズアップ現代」に大阪大学理事・副学長の金田安史氏が登場!

ウィルスの力を医療へ・・・と、がん・難病の最新治療のお話が聴けそうです。

今回は、『金田安史のプロフィールや出身大学は?経歴や年収についても!』

というタイトルで、金田安史氏についてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

金田安史氏のニュース

 

出展:medical.jiji.com

 

 

新型コロナの感染爆発で示されたウイルスの力。

今さまざまなウイルスの力を逆に利用した新しい治療法の実用化が始まっている。

最大の標的はがん。

東大で開発された特殊なウイルスは、がん細胞の中でのみ増殖して破壊。

副作用も少なく、あらゆる固形がんの治療に応用できる可能性があるという。

血液がんでもウイルスを使って免疫細胞の攻撃力を高める新治療に成果が。

また小児の難病治療でもウイルスが活躍。安全性や課題にも迫る。

 

引用:「クローズアップ現代」の番組案内から

 

 

金田安史氏のプロフィール

 

名前:金田 安史(かねだ やすふみ)

生年月日:不明

出身地:不明

所属:大阪大学 医学系研究科 医学専攻 理事 (副学長)

学位:医学博士(大阪大学)

研究キーワード:腫瘍治療学、分子生物学

 

研究分野:

ライフサイエンス/主要診断、治療学/

ライフサイエンス/ゲノム生物学/

ライフサイエンス/病態医化学/

 

学歴:

1980年4月 – 1984年3月 大阪大学

1984年 大阪大学 医学研究科 内科学

1974年4月 – 1980年3月 大阪大学

1980年 大阪大学 医学部 医学

 

受賞歴:

2003年 文部科学大臣賞「産官学連携推進功労者」

2003年 第3回バイオビジネスコンペ優秀賞

1997年 London Life Award

1996年 心脈管作動物質学会賞

 

所属学協会:

日本遺伝子診療学会

日本遺伝子治療学会

アメリカ遺伝子治療学会

生化学会

分子生物学会

癌学会

 

作品等:

知的クラスター ”未来医療のための分子医薬創成技術”

2002年 – 2006年

地域新生コンソーレアム「バイオ医薬デザイン用高精度生体高分子機能予測システムの開発」

2003年 – 2004年

 

 

スポンサーリンク

金田安史氏の経歴や年収

 

経歴について

2019年4月 – 現在Osaka University Vice President

2019年4月 – 現在大阪大学 副学長

2019年2月 – 現在大阪大学 共創機構副機構長、産学共創本部長

1999年4月 – 現在大阪大学 医学系研究科 教授

2017年4月 – 2019年3月大阪大学 医学系研究科 研究科長、医学部長

2013年4月 – 2015年3月大阪大学 医学系研究科 研究科長、医学部長

1998年7月 – 1999年3月大阪大学 医学部 教授

1992年 – 1998年: : Associate Professor,Inst. for Mol. Cell.

1984年 – 1992年: : Assistant Professor, Inst. for Mol. Cell.

 

年収について

金田安史氏の年収については現在調査中で現時点では不明です。

お伝えできる情報が入り次第こちらの記事に追記したいと思います。

 

ネットの反応

 


まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『金田安史のプロフィールや出身大学は?経歴や年収についても!』

というタイトルで、金田安史氏についてお伝えしました。

【ウイルスの力を逆に利用した新しい治療法】なんて

早く実現すると良いですね~♪

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。