野澤千絵のプロフィールや出身大学は?経歴や年収についても!

   

 

7月26日の「クローズアップ現代」に明治大学教授の野澤千絵さんが登場!

日本の不動産は世界的に”お買い得”状況にあると警鐘を鳴らされる様です。

今回は、『野澤千絵のプロフィールや出身大学は?経歴や年収についても!』

というタイトルで、野澤千絵さんについてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

 

野澤千絵さんのニュース

 

Listening:<そこが聞きたい>空き家問題 東洋大教授 ...

出展:mainichi.jp

 

 

賃金が上がらず、歴史的な円安も重なり“安い”と言われる国になった日本。

その光と影を2夜に渡って見つめる。

世界的に“お買い得”と見られる「不動産」に、いま外国人からの買い注文が殺到。

購入の希望は中国だけでなく、東南アジア各国からも。

象徴の一つが観光地。

新型コロナの影響、国内需要の衰退に直面する事業者には、

海外からの投資は救世主である一方、地元では“思わぬ事態”も…。

世界から“買われる”先に何が?

 

引用:「クローズアップ現代」の番組案内から

 

 

野澤千絵さんのプロフィール

 

名前:野澤 千絵(のざわ ちえ)

生年月日:不明

出身地:兵庫県

所属:明治大学 政治経済学部 専任教授

学位:博士(工学)(東京大学)

研究キーワード:

  • 開発協議
  • まちづくり条例
  • 開発許可行政
  • 人口減少社会に向けた土地利用計画
  • まちづくりの担い手
  • 市民参加

 

研究分野:

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画 /

 

受賞歴:

  • 2019年3月
    不動産協会賞 老いた家 衰えぬ街~住まいを終活する 一般社団法人不動産協会
  • 2017年1月
    新書大賞2017入賞(16位) 中央公論
  • 2002年5月
    学会賞(論文奨励賞) 阪神・淡路大震災の復興過程における
    住宅再建支援・誘導施策の効果と居住環境整備上の課題 日本都市計画学会

 

所属学協会:

  • 日本建築学会
  • 日本都市計画学会

 

作品等:

 

 

スポンサーリンク

 

野澤千絵さんの経歴や年収

 

経歴について

 

 

1996年、大阪大学大学院修士課程修了後、ゼネコン勤務を経て、

2002年、東京大学大学院博士課程修了。博士(工学)。東京大学特任助手などを経て、

2007年より、東洋大学理工学部建築学科准教授。

2015年より同教授。専門は、都市計画・まちづくり。

国土交通省社会資本整備審議会「都市計画基本問題小委員会」委員をはじめ、

様々な自治体の都市政策や空き家対策に関わる。

 

 引用:https://www.hmv.co.jp/

 

年収について

 

明治大学の教授(50歳)の年収は1,300万円~1,400万円程だそうです。

 

ネットの反応

 


まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『野澤千絵のプロフィールや出身大学は?経歴や年収についても!』

というタイトルで、野澤千絵さんについてお伝えしました。

野澤千絵さんの活動範囲は個人の住宅の問題から、

都市計画、災害対策問題、不動産の問題までと、とても広いですね~。

今後の益々のご活躍に期待したいと思います。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。