山口らいらのインスタとプロフィール!小学5年に見える?

 

またまた福岡から期待の新人が誕生しました!

可愛らしい11歳のモデルさんですが、

その雰囲気がとても小学生に見えないと話題ですね。

 

今回は『山口らいらのインスタとプロフィール!小学5年に見える?』

と言うタイトルで、期待の新人モデルについてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読み下さい。

スポンサーリンク

 

山口らいらのニュース記事

 

 

『PLEASE15』に初登場する山口らいら

 

元『POPEYE』副編集長も務めた、マガジニスト・北原徹氏が手掛けるファッション誌

『PLEASE15』(3月9日発売)に、モデル業界期待の新人・山口らいら(11)が、

今回表紙に起用された南沙良や竹中直人、モトーラ世理奈らとともに初登場する。

 

同誌は、2016年3月に創刊。Ray and LoveRock(レイ アンド ラブロック)名義で

フォトグラファーとしても活躍する北原氏が、1人で編集や撮影など

全てのディレクションを手掛けて、創刊号から「COMME des GARCONS」や

「GUCCI」をはじめとする、ハイブランドを数多く取り上げており、

質の高い物を高いクオリティで見せる。

 

今回初登場の山口らいらは、11歳(小学5年生)という年齢ながら、

モデル・ファッション業界からすでに多くの注目を集めている期待の新人。

今回の『PLEASE15』でもCOMME des GARCONS GIRLを可憐に着こなしており、

今後の活躍にも目が離せない。

 

引用:ORICON NEWS

 

写真を見るととても小学5年生とは思えませんよね~。

身体の前のぬいぐるみがなければ、若い貴婦人の様に見えます。

 

落ち着いた眼差し、真っすぐに伸びた背筋・・・

大人のモデルさんにも引けを取らない雰囲気で、

既に業界の注目を浴びている事も頷けますね。

それでは、もう少しインスタグラムの画像を見てみましょう。

スポンサーリンク

 

山口らいらのインスタグラム

 

 

1番目のサンタの写真は少しあどけなさも感じますが、

3番目の動画の映像などはまるで先輩モデルの菜々緒さんの様にも見えますよね~。

 

この落ち着いた存在感は一体どこから来るのでしょうか?

もう紛れもない大人の女性にしか見えません。

「恐るべし」と言ってしまいたくなります。

 

 

ー広告ー

超人気 バッグと財布のエレガントセット ♪

楽天でチェック!

 

 

山口らいらのプロフィール

 

山口らいら
RAIRA YAMAGUCHI
生年月日 2009年07月24日
身長 160cm
BUST 69cm
WAIST 57cm
HIP 74cm
SHOES 23.5cm

 

引用:レプロ エンタテインメント

 

名 前:山口 来楽(やまぐち らいら)

誕生日:2009年7月24日 (11歳)

出身地:福岡県

身 長:160cm

スリーサイズ:B69、W57、H74

特 技:ダンス、歌唱、バトントワリング

所属事務所:レプロ エンターテイメント

 

山口らいらさんはお父様が日本人、お母様がオーストラリア人のハーフモデルさんですね。

小さい頃から芸能活動をされているご様子から、

ご両親がその様な環境づくりにきっとご熱心なのでしょう。

それにしても福岡と言う土地柄は芸能人の名産地みたいなところですね。

 

お名前は「来楽」と書いて(らいら)と読む様ですが、

2008年公開のアメリカ映画『ライラの冒険 黄金の羅針盤』からの命名かも知れません。

とても素敵な可愛くてビビッドなお名前ですよね~♪

 

らいらさんには4つ年下の妹「愛芽莉」(あめり)ちゃんがいるようですが、

お父さんお母さん妹さんとの4人家族はきっと賑やかな事でしょうね。

外では大人の女性の様ならいらさんも、

きっとお家ではお茶目な小学5年生なのでしょう。

 

歌って踊れる女の子がいるだけで、明るく楽しいお家なのでしょうが、

それが妹さんと二人となるとどれだけになるのか、想像するだけで楽しくなりますね。

 

ネットの反応

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『山口らいらのインスタとプロフィール!小学5年に見える?』

と言うタイトルで、期待の新人モデルについてお伝えしました。

 

まとめです。

➀ 山口らいらさんはハーフモデル

② 山口らいらさんのご両親が芸能活動に熱心

③ 山口らいらさんには可愛い妹さんがいる

 

既にモデル・ファッション業界から期待と注目を集めている山口らいらさん。

これからの成長と活躍が楽しみですよね~。

 

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク